NHKスペシャル ローマ帝国 第二集 図書館DVD

群馬県と長野県を営業担当していた頃、アポとアポの間が空いてしまい、高速道路を使わずに軽井沢から嬬恋に抜けて沼田に向かおうとしていた時、鎌原観音堂という所を見つけました。「日本のポンペイ」と呼ばれているようですが、隣の嬬恋郷土資料館を覗いてみると天明の浅間山の噴火、それに伴い鎌原村が土石流に埋れてしまったこと、発掘調査で観音堂の埋もれた階段から老婆とそれを背負った娘と思われる人物の遺体が発掘されたこと、まさにポンペイ。皆さんも何かのついでで全然良いので、一度訪れてみて下さい。自然の圧倒的な力と人間の優しさに、自然と頬を涙が…。そんな人は周りにいないので、相当恥ずかしかったですが。

お借りしたディスクは結構キズになっていました。古代ローマはあまり興味がなくても、ポンペイには惹かれるという人が結構いらっしゃるのか、それとも誰かの取り扱いが悪かったのか、一集よりは盤の状態があまり良くなかったです。三集とも満遍なく借りられているとは思いますが。

本タイトルは先日取り上げたローマ帝国の第二集になりますが、ポンペイをメインに取り上げています。ポンペイとは何かと言えば古代ローマ時代に栄えた都市で、ヴェスヴィオ火山の噴火により埋れてしまった街です。その後、ブドウ畑とかに変わって千数百年の時を経て発掘調査されました。気になってwikiを見て見たのですが、突然見つかった訳ではなく、こまごまとは遺物が出てきており、町が埋まっていることはある程度分かっていたようです。

紙は中国の発明なので、あってもかなり貴重品で、壁に釘などで文字を書いていたそうです。それだと間違えたりしたら面倒なんじゃないかしらとか思いますが、そのお陰で研究が進んだようでして、紙だったら燃えてしまっていますよね。本編でも紙は高級品だったと言ってました。又、落書きの方が正式な文書よりもより深く人々の生活を映し出すということもあります。

子ども達が古代の水飲み場でじゃれている所がすごく可愛かったです。子ども同士でもやっぱり女の子にちょっかいを出すイタリア人男子。さすがですね。日本の女の子だったらムキになって怒ったりするんでしょうけど、軽く流せるのもイタリア女子のなせる技なんでしょうね。人間っていつまで経っても、と思うのと同時に古代ポンペイでも同じようなことをやってたんだろうなあと思ってしまいました。

Italian Tomato 東武霞ヶ関駅南口店

80年代、ちょうどバブル期にイタ飯ブームとかいう物がございました。痛いご飯では無いですよ。イタリア料理のことです。若い人なんかは「だったらそう言ってくれ」と思うでしょう。私もそう思っていました。略す意味あるの?とかですね。それまでは一般的にはスパゲティと言えばミートソースかナポリタンという認識だったのが、色んなパスタ料理が家庭にも入って来るきっかけになったと思います。タラコスパゲティとか、クリームソースとか。

私も当時は未だ若くお金も無かったので、ちゃんとしたレストランなんて夢の又夢、それでもフランス料理店よりは安かったのでしょうが、なかなか行けるものではありませんでした。本題のイタリアン・トマトさんだって結構高かったイメージありますよ。私は出身が東京ではあるのですが千葉に近かったもので、サイゼリヤさんには良く行った記憶があります。サイゼリヤさんは千葉が発祥らしいです。その頃はそんなことは知りませんでしたが、千葉にばっかりあるなと思っていました。

話がそれましたが本題に入ります。表題のこの店舗は霞ヶ関駅の駅前、階段のすぐ脇にあります。というか駅前で喫茶店はここしかありません。マクドナルドはありますね。又、話が逸れて恐縮ですが、駅前はやたら飲み屋さんが多いです。元々飲み屋さんだったのか、駅が衰退していくうちに店舗が変わっていったのか、ちょっとわかりません。

又またモーニングの時間で、ホームブレンドコーヒーとホットドッグのセットを頂きました。開店すぐだったみたいで、お客さんは私しかいませんでしたが、周りに喫茶店が無いからか、どんどんお客さんが入ってきました。店員さんは一人で大変じゃないのかな、と思いながら見ていました。

こちらの店は分煙になっておらず、グルメサイトなんかでもそこは辛く点がついているようです。私もタバコは吸わないのですが、あんまり気にならない方なので、私としては問題ありませんでした。コーヒーは重め。ホットドッグも美味しく頂きました。食べていませんが、ケーキも美味しそうでしたよ。駅前で、ノンアルコールでとなるとあまり選択肢が無いので、何かの折には使ってみて下さい。

南院遺跡

日本社会の構造が諸々変革されたのが明治維新で、そのおかげで今の日本がある、と言えるのでしょうが、古い物を随分切り捨ててもいます。取っておけば今頃…、なんて物は色々あって、まあ、それで残った物は博物館なんかで展示されているんですけどね。川越は大規模な空襲が無かったおかげで、色んな物が残っている方だと思います。東京は空襲と再開発で、本当の意味での古い物は少ないです。古い物好きの私としてはそれだけでも嬉しい街なんです。

その明治維新の時、天皇の権威を高める為、神仏分離ということを行いました。せっかく神仏混淆してあった物を分離しようとした訳です。そして行われたのが廃仏毀釈という運動で、お寺さんが随分破壊されたりしたようです。しかも破壊したのは僧侶だったりしたそうで、どんな気持ちだったのか本当に胸が痛みます。今回取り上げる南院遺跡はそんな過去の遺産です。

お寺のお墓の部分だけ残されている、という感じです。お寺を再興しようにも周りは民家だったり高校だったりして既に不可能なんでしょうね。喜多院、中院、南院が3つ揃えば話題にもなりそうなんですけど。説明が後になり申し訳無いのですが、この3院、元々は星野山無量寿寺という同じお寺だったそうです。

喜多院にお参りし、中院にお参りして南院で手を合わせ、この3院に想いを馳せていると、人間の業みたいなものを凄く感じてしまいます。元は中院の勢力が大きかったが、天海和尚が徳川家康のプレーンとなり喜多院が興隆し勢力を広げ、東照宮建立の折に中院は移転させられる。一番勢力の小さかった南院は廃仏毀釈で廃寺になり…。

南院遺跡迄〇〇メートルとかの案内板がある訳ではありませんので、見つけにくい所ではありますが、中院のすぐ前にありますので、お気付きの際にはお参りをして頂ければと思います。私はいつ見ても切ない気持ちになってしまいます。

恋人よ帰れ!わが胸に 図書館DVD

海外映画を日本に持って来る時に、タイトルをどうするか、という問題が発生します。英語だとわかりづらいので、わかりやすい題を考えたりします。私が一番最初に紹介しました「恋人たちの予感」であれば、原題そのまま直訳すると、「ハリーがサリーに会った時」となります。個人的には悪くないと思うのですが、映画会社としてはより売れそうな題名にしたいんでしょうね。80年代は「愛〜」というタイトルの映画が多いこと。

本タイトルですが原題は「フォーチュンクッキー」です。AKBではありません。当時は当然あの歌はある訳ないので、フォーチュンクッキーというタイトルでは分かりにくいと感じたのでしょう。でも、「恋人よ帰れ!わが胸に」はないかなぁ。元妻に帰って欲しいという下りはありますが、主題はそこには無いので。

このジャケットですが、バーコード貼る所が難しかったんでしょうね。タイトルが読めません。ジャック・レモンにウォルター・マッソー、それにこの映画ぐらいでしか観たことありませんが、ジュディ・ウエスト。彼女は俳優のマイケル・ウェストンの母親とのこと。

本タイトルはビリー・ワイルダー作ということで、ストーリーが大変しっかりした作品です。又、何と言ってもレモンとマッソーの掛け合い、本作が初共演だったと思いますが、素晴らしいの一言です。2人とも若いですね。

1960年代の作品ですが、未だ黒人差別があったり、最後の場面でレモンがウエストのお尻を蹴ったりと、今の感覚で観るとなかなか受け入れられない場面も確かにあります。でもそれを差し置いても、良いものは色褪せない、本当にそう思いました。

珈琲館 ソヨカふじみ野店 ふじみ野市

先日、川越駅前の珈琲館さんに入りましたが、やっぱり珈琲館さんは思い入れも含め、フルサービスのお店がいいな、と思って家の周辺を探してしまいました。そうしたら近隣のふじみ野にございました。

ソヨカというのはふじみ野駅近くの商業施設です。その昔にアウトレットモールリズムという施設があった跡地になります。前の施設は日本初のアウトレットモールということで、開業当初はとんでもない人出で、正直近隣住民はちょっと迷惑なくらい渋滞やら路上駐車やらがありました。ところが他所にどんどん新しいアウトレットモールができるに従い、客足も落ちて閉鎖、そしてイオンモールの支援で新しい商業施設ができた、という感じです。

それでも中々テナントを呼ぶのは大変なようす。郊外大型出店の最初期にできたものなので、今の巨大モールに比べてスケールメリットがないんでしょうね。正直空き店舗スペースも多いのが現状ですが、お目当ての珈琲館さんは1階にありました。

ブレンドとチーズケーキです。ブレンドは変わらぬ苦味と酸味、チーズケーキも美味でした。やっぱりコーヒーは手間暇掛けて淹れて頂いた感あります。炭火珈琲は更に重量感があったと記憶しています。あとやっぱり寛ぎの時間を頂いている感じがします。あゝ幸せ。

以前は上福岡駅近くにも珈琲館さんがあったのですが、店が変わってしまいました。その珈琲館も更に前はロッテリアさんだったような…。街並みはどんどん変化していきます。我が身もそうですけど。

コートールド美術館展 東京都美術館

秋ももうそろそろ終わりですが、芸術の秋、というんでしょうか、毎年秋になると大型の美術展が目白押しになります。先にご紹介しましたゴッホ展もそうですが、ハプスブルク展もやってますね。観る方としてはお金がいくらあっても足りない、いくらも持って無いんですけど。今回は東京都美術館で開催されているコートールド美術館展に行って参りました。

日によっても時間によっても違うのでしょうが、ゴッホ展よりはお客さん少なめでした。その分じっくり観ることができました。又、ここで期間内にご紹介できるのも何よりのことです。皆さん、画家の単独展の方が人気があるようですが、外国の美術館の収蔵品を纏めて観られる、こういう美術展もなかなか良いものです。今回、ジョルジュ・スーラの作品も5点ほどありましたが、スーラだけで単独展をしようとしても、100点前後かき集めるとしたら相当大変です。ましてヨハネス・フェルメールなら…。

コートールド美術館は印象派の収蔵品が非常に多く、今回の展示もほとんどが印象派の画家の作品です。ほとんどと書いたのは、例えばエドゥアール・マネ。本人が印象派ではないと言っていますし、作風を寄せて描いた物はあるものの、やっぱりモネ、ルノワールとは違いますよね。「フォリー・ベルジェールのバー」今回展示の目玉となっています。因みにこの絵の解説ビデオの中で、病魔に侵されながらもこのバーに通ったという話が出ていましたが、医者に止められても呑兵衛は言うこと聞かないというのはどこも一緒、と思ってしまいました。

もう一つの目玉はルノワールの「桟敷席」ルノワールらしい柔らかい絵ですが、女性の白い肌は美しく、ドレスの微妙な色使いが本当に美しく、暫く釘付けになってしまいました。ルノワール作品は他にも展示があります。

マネの「草上の昼食」はオルセーでしょう、と思われるかもしれませんが、ここにもあります。恐らくこちらの物を先に描いて、更に大きいオルセーの物を描いたようです。いきなり大きいので失敗するのは怖いですものね。ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」も大小2つの絵があるのは下絵と本絵があるからですよね。

コートールド美術館の収蔵品にセザンヌの絵が多く、今回いっぱい見ることが出来て大変嬉しいのですが、日本人って印象派ではモネ、ルノワール、ゴッホが特に好きですよね。それを否定するつもりはないのですが、他の作家の作品も見ると本当に素晴らしい物ばかりですし、幸せな気分になれるのになあ、と思う展示会でした。12月15日迄開催予定ですので、興味のある方はお早めに。

NHKスペシャル ローマ帝国 第一集 図書館DVD

今まで図書館にあるDVDを色々ご紹介しておりますが、その中で教養物関係はちょっと面白いラインナップがあります。もっとも面白がっているのはかなり珍しい人でしょうけど。これは川越市に限りません。だいたいのタイトルは1時間くらいで観終わりますので、営業の合間にとっても…、駄目ですよ。昔は良かったなぁと独り言を言ってみました。

“NHKスペシャル ローマ帝国 第一集 図書館DVD” の続きを読む

小江戸川越七福神めぐり予習その7 見立寺〜妙昌寺〜川越市駅

昨日の投稿は、見つけてしまったことを胸にしまっておけず、思いを吐き出してしまった感じになりました。申し訳ありません。気分を害された方がいらっしゃったら、心よりお詫び申し上げます。

“小江戸川越七福神めぐり予習その7 見立寺〜妙昌寺〜川越市駅” の続きを読む

生まれる前の事件 人違いバラバラ殺人と小松川高校殺人と

霞ヶ関駅で検索を掛けると、ほぼ東京の霞ヶ関駅が出てきます。なので「川越 霞ヶ関駅」とこの前検索をしたのですが、「犯罪」と予測変換が出ました。一応覗いて見たら、霞ヶ関駅近辺の最近の犯罪状況とかが出ていました。そこでやめておけば良かったのかもしれませんが、表題の人違いバラバラ殺人事件が出て来ました。

“生まれる前の事件 人違いバラバラ殺人と小松川高校殺人と” の続きを読む