50歳は天命を知るらしいですけど…。

「40にして惑わず」というのは有名ですが、50はあまり言われませんね。答えは首題の「天命を知る」だそうです。天から与えられた使命を知るですか、未だに惑っている身としてはそんなの知りませんよ、としか答えられませんけど。

先月末に、私も走ったりしている寺尾調整池で50歳の方の死体が発見された、というニュースがありました。お悔やみ申し上げます。本当は先週書きたかったのですが、身近な所過ぎてショックで筆が進みませんでした。

そしてこういう場合、「未だ若いのに」という言葉で語られることが多いです。そんなに若いか?と思いますが、平均余命が80歳代の時代、亡くなる年齢としては50歳代は「若い」ということになるのかもしれません。

でも同じ50歳でも、これも先月ですが、新潟のアイドルグループに脅迫メールを送って逮捕された人、今月ではスポーツカーで高速道路を激走、追突で2名亡くならせて「スピード出しすぎちゃいました」と言った人も50歳でした。

後の例では「50歳にもなってあんなこと」という感じで言われてしまいます。何だかなあと思いますが、良く考えると20歳になった時も「もう大人なんだから」というのと「未だ未だ一人前じゃない」というので言われていたような。

今でも充分惑っていますし、天命なんて分かりません。でもやはり若い頃よりは選択肢も少なくなって惑う場面も減り、天から与えられた使命ではなく、何となく今までのことを続けざるを得ない、それが天命なのかしら。そう思うと孔子様の言葉ってやはりスゴいんですね。

そんな人間の営みとは関係なく季節は移ろって行きます。寺尾調整池の土手に立つと蝉の鳴き声が聞こえてきます。梅雨が長かったのであまり夏を感じていませんでしたが、もう8月も半ば。秋が来て冬が来て今年も…、自分らしく生きていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。