親子は似る?それとも良いものは良いという事?美術館の思い出

このところ、美術館に行けていません。上野の美術館は緊急事態でそもそもやっていませんが、他も予約制だったり、なかなか気乗りがしません。美術書を扱っている本屋さんとも話したのですが、やっぱりフラッと行きたいよね、という人は多いようで、私もその一人です。

美術館は一人で行く場合は前売り券を買って、気が向いた日に行く感じでした。前売りも買わず本当に直感で入ることもありますが。子どもが未だお出かけに付いて来るような頃は家族で行ったりもしました。そういう時は前売り券を買いました。子どもは中学生迄は無料だったと思います。

だいたいが「行きたくない」という反応だった記憶なのですが、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が来た時は、子ども2人とも「それは見たい」と言って来たので、皆んなで見に行きました。もう中学生だったので、行かないと言ったら無理には連れて行かなかったと思います。学校の先生が言ったのかも知れませんね。

その展覧会は「マウリッツハイス美術館展」ということで、フェルメールの絵以外にも多数出展があり、というかフェルメールの作品って30数点しか残ってなくて、しかも世界に散らばっています。なので一回の展示では多くても5作品とか、下手すると1作ということもあります。

一通り回ったあとウチの家族では恒例なのですが、「一番気になった絵をもう一度見よう」ということで、又展示室に戻ります。その時びっくりしたのですが、展示室に戻って家族4人は全く同じ絵の所に来ていました。それもフェルメールの絵ではありませんでした。

その絵はカレル・ファブリティウス作の「ごしきひわ」でした。いつもはだいたいバラけるのですが、この時は一致してこの絵。下の娘がどうしてもレプリカが欲しいと言っていたのですが、流石に値段的に厳しく、絵葉書でガマンしてもらいました。

カレル・ファブリティウスって誰?という感じですが、レンブラントの工房で働いた後、デルフトで画業をしていた人です。ところが近所の花火工場の爆発に巻き込まれて死去、絵もかなり焼けてしまいました。現在確定している彼の絵で残っているのは10点ほどしかありません。

そんな情報も後で知った訳ですが、本当に前知識も無く皆んなで同じ物を良いと思ったというのはびっくりしました。一緒に生活しているから趣向も似るのか、それとも良いものは誰が見ても良いものということなのか、答えはないんですけど。

その後、上の息子は行くことは無くなりましたが、娘の方は絵画鑑賞が好きになってくれたようで、一人で見に行ったりしているようです。鳥獣戯画も観に行きたかったようですが、行きそびれて、多分会期は残っていないしと嘆いています。

今のワクチン接種のスピードだと、希望している日本人全員に行き渡るのは来年末くらいになりそうだという話があります。となると来年も難しいのかなとか思っていますが、こればかりはねえ…。今は画集を買って見たりで我慢しています。でも本物はやはり違うんですよね。何でなのかは解りませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。