復元大井戸 ふじみ野市

大井町の名前の由来になったのがこの大井戸だということなのですが、本当ですか?と疑いの目で見てしまいます。大井戸なんてそんなに珍しい物でもないし。でもそこを疑っても代案があるわけでもないので、取り敢えず信じることにします。

最寄駅のふじみ野駅からですと、西口を出て線路沿い鶴瀬方面に向かい、砂川掘を川越街道方面に進むとあります。なのですが、ちょっとフラフラ散歩しながら向かいまして、周辺にはお屋敷も多く、ちょっとしたお屋敷めぐり散歩になりました。

着いてみると本当に小さい一画にあります。ふじみ野市の案内とか見ると結構扱いが大きいのですが、ここだけを目的地にして訪れると、ちょっとガッカリしてしまうと思います。

平安時代に掘られた物で、既に穴はありません。でも石組みは当時のものが残っていたらしいです。復元ということでしたが、それなら貴重な物なのだと理解しました。整えてはいるんでしょうけどね。

井戸の脇にちょっとした座る所がありまして、駅からずっと歩いて来たのでひと休み。自動販売機とかはありませんが、小休止するにはちょうどいい感じです。

帰りは砂川堀沿い、大井弁天の森を通って帰って来ました。砂川堀は名前の通り、人工の物ではありますが、既に周囲と調和した自然に近い川になっており、脇を歩いていて心地良かったです。そういえば鷺も見つけました。良い散歩でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。