川越でもクラスター、落ち着いて行動しましょう。先週、ショックで書けませんでした。小松政夫さん…。

新型コロナ・ウイルスの影響で、川越市内でもクラスターが発生しています。私自身は幸いにも私の知人友人にも感染者の情報はありませんが、罹っても言えない雰囲気がありますので、連絡がないだけの可能性もあります。

でも罹患したとしても病気ですので、差別みたいなことは厳に謹んで頂きたいです。これは強くお願いします。もう今年の春先に地方に行った時、罹った人が会社を辞めざるを得なかったとか、嫌な情報はいっぱいありました。

未知の部分が未だ多い病気ですので、自分で気をつけることは気をつけて自分を守ることは大事です。ですが他者を傷付けることは違うと思います。自分が罹った時にやられたら嫌なことは極力避けましょう。

震災時の放射能差別も記憶に新しいですが、東京の東村山にある国立ハンセン病資料館に行くと、病気に対する差別の酷さが理解できると思います。今は予約制だったと思います。東村山は志村けんさんだけではないんです。

それと先週末に飛び込んできた訃報、小松政夫さんが亡くなりました。78歳というのは早いのかどうか分かりませんが、番組で長く共演していた伊東四朗さんより早く逝くなんて…。ショックという言葉だけでは言い尽くせません。

子どもの頃観ていた番組で、「みごろ!食べごろ!笑いごろ!」というのがありました。毎週欠かさず観ていました。お二人とも面白く、ゲラゲラ笑って観ていましたが、伊東さんのコワモテに比べ、小松さんは小物感が強く、逆に親しみを持って観ていた記憶です。

この番組、キャンディーズも出ていたと言うかキャンディーズが売りだったという記憶です。スーちゃんが亡くなった時も思い出しましたよホント。あれもう10年近くなるんですね。寂しいです本当に。

キャンディーズの3人は私からしたら「お姉さん」でしたが、伊東さん小松さんは「オジさん」でしたね。でも今考えると40そこそこ、今の私より全然若かったんですね。ジジイ扱いしていてスミマセン。

親にねだってシラケ鳥の手袋人形を買って貰いました。そのくらい大好きでした。亡くなったことは悲しいのですが、思い出すと今でも笑いが込み上げて来てなにか悲しい感じがせず、今までに無い感覚に囚われています。こんなことは初めてです。

もう年の瀬になっていますが、今年に関しては何か変な気分です。でももうワクチンが出るところ迄来ましたので、何とか逃げ切れればいいなと思います。来週は一年を振り返りましょうか?予告はしないようにしていますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。