小江戸川越七福神めぐり予習その3 天然寺〜喜多院

そもそもの話七福神って何ぞや?と言われて、正確に答えられる人っているんでしょうか。wikiを見てもあんまり要領を得ません。ヒンドゥー教、道教、仏教、神道の神様…。前回と同じ話になりそうなのでやめます。

良く分からないけど、神様がいっぱい居て幸せが来る。ということでいいのかしら?だから集めて拝んで幸せになりましょう。ということだと思います。まあ、船に一緒に乗っているイメージですかね。

天然寺を出て坂を上ると、喜多院までまっすぐ一本道を歩きます。喜多院は川越観光の目玉、歩いていくうちにどんどん賑やかになっていくかと思いきや、ここも住宅街がずっと続きます。駅をスタートして駅前はともかく、この辺りまで本当に商店が少ないです。正月であればあまり水分補給は必要ないのでしょうが、店は少ないと思って出かけたほうがいいと思います。

川越総合高校や先日ご紹介させて頂いた中院を通り過ぎて、川越東照宮の前に着きます。七福神めぐりの正規ルートはここも通り過ぎるのですが、喜多院と敷地が繋がっているので、権現様にお参りをして喜多院に向かいます。東照宮は別で取り上げたいので、先を急ぎます。

喜多院の紹介も別で取り上げたいのですが、色々見ものがいっぱいあります。また、正月は県内でも有数の初詣スポットですので、非常に混雑します。昔、七福神めぐりをした時は、本堂のお参りは諦めて別の日に伺いました。私の場合は地元ですから。

こちらは大黒様の祠です。こちらだけならそれほどの行列にはなってないと思います。ここでお参りをし、御朱印を頂いて次に向かいます。水琴窟もあるはずなのですが、時間なく見つけられませんでした。妙善寺で見た時は何だろ?と思ったのですが、七福神全部にあると知ったら、見つけられなかったのはちょっと悔しい気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。