ブレックファスト・クラブ 図書館DVD

先々週に「桐島、部活やめるってよ」を観てこちらに記事を載せました。スクール・カーストについて改めて考えていたところ、こちらのタイトルを思い出しました。封切られた時はスクール・カーストって言葉は無かったですが。

青春映画の傑作と言われる本タイトルですが、ブラッド・パックと呼ばれる俳優さんたちの共演、というかこれと「セント・エルモス・ファイヤー」に出ていた当時の若手の俳優さんたちを纏めて呼んだ呼称です。

でも何故か日本では当時「YAスター」という言い方だったと思います。トム・クルーズやマット・ディロンなんかも含めていました。若い人にはトム・クルーズくらいしかピンと来ないんでしょうね。

主題歌を歌うシンプル・マインズも、若い人だけでなく同年代にも忘れて去られています。その「ドント・ユー」は全米No.1を獲得し、一躍スターダムにのし上がります。ただそれは長続きせず…。

高校で土曜日に呼び出された5人の生徒が作文の補習を受ける。でもそれぞれがバラバラで、お互いの認識があるのは「お姫様」と「スポーツマン」くらいで、この補習が無ければ全く接点の無い生徒たちです。

私の高校時代はと言うと「不思議ちゃん」と「秀才」の間くらいのポジションでした。なのでこの感覚は痛いほど良く解ります。アメリカだとあと人種問題もあると思うのですが、そこはあえて外しているようです。

この映画の色々な方の評を見るとだいたい、後半での「秀才」の「せっかく友達になったけど、月曜日に会った時挨拶するか」問題の提起に触れます。もう映画の中で結論は出ていますが、無視するだろうということです。

日本人なら会釈くらいはするでしょうけど、「桐島〜」の神木隆之介さんと橋本愛さんの感じになるかな。そんなの嫌だという「秀才」の叫びは本当に胸に来るものがありますが、でも現実は違いますよね。今も共通の話題です。

しかし月日と言うのは残酷で、このタイトルの主役5人も50歳を超え、主役を張ることもまず無くなりました。青春スターですのである程度は仕方ないのかも知れませんが、トム・クルーズが第一線で頑張っているのを見ると、ちょっと淋しい気もします。

作文なんかとっとと書いて帰っちゃえ、と言った私の友達がいましたが、まあ車社会なので早く終わっても親の迎えが来ないということにしておきましょう。未だ携帯電話も無かった頃ですからね。

最後、唐突に二組のカップルが出来てしまうのは、何かモヤモヤしますし、親が迎えに来ている車の前でブチューは日本人の感覚では無理、と言うのはあります。でもとっても色んなことを考えさせられる良作ではありますので、是非ご覧になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。