フルーツいわなが 長崎県長崎市

浦上天主堂を出てちょっと休みたいなあと思い、喫茶店を探しました。くどいようですが長崎の町は坂の町、しかも古い町にありがちな、道が真っ直ぐではないのでいつの間に全然違う方に歩いていた、なんてことがままあります。

若い頃で時間もあった頃なら、風情のある街並みを見回すのも良かったのでしょうが、そこはやはりシニアですから坂のアップダウンはかなり体力を消耗します。こういう時に限って行こうと思った喫茶店が臨時休業とか…。

そうしたら何と浦上天主堂の前の交差点の高級フルーツ店でイートインをやっていました。今まで何で気づかなかったんでしょう。やっぱり網の付いたメロンが並んでいるようなお店は、どうしても高嶺の花と思ってしまいます。貧乏症なんです。

中に入ってみると、木目調の店内はとてもおしゃれです。カウンター席からは浦上天主堂を見上げる形になり、それも良いです。カウンターには何故かヒデキの写真集。あ、西城秀樹です。ヒデキはやっぱり格好いいです。何で置いてあるのかは聞いてません。

しゅわしゅわジュースのいちごです。まあいちごサイダーですね。いちごが一粒添えられていますが、このいちごがとっても美味でした。甘すぎずほのかに酸味も感じられましたし。今のいちごは甘すぎると思うのは年寄りの証拠ですかね?

グラスも何かオシャレですし氷は丸いし、庶民なんでそれだけでも贅沢な気分になってしまいます。外の道を通る車の流れを眺めるのも良し。目の前の浦上天主堂を眺めるのも良し、読書も良いですね。隣に座った方は本を読んでいました。

フルーツを買って帰りたいところですが、やはり貧乏人には無理かな?ジャムも美味しいんでしょうけど…。お金がある時に来ようかと思います。あ、店の名誉の為に書きますが、法外な値段ではありません。どちらかと言うと私の方の懐の問題で…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。