TOTO グレイテスト・ヒッツ 図書館CD

セッション・ミュージシャンという人たちがいます。本当は自分のバンドとかソロとかで演りたいのでしょうが、色々事情があって他の人のレコーディングに参加したり、ツアーのバック・バンドに入っていたりします。

ポップ・ミュージックというのは色々な要因が重なって成功したり、残念なことになったりします。純粋に歌唱や演奏の能力だけでは決まりません。それだけなら一番上手い人が売れ続けなければおかしいのですが、世の中そうはなっていないのが実情です。

TOTOはセッション・ミュージシャンが集まって出来たバンドです。色々な作品に引っ張りだこだった人たちの集まりです。演奏は間違いないのでしょうが、一人ひとりはとても地味な人たちです。

ところがデビュー作からしっかりヒットを飛ばしています。こちらに収録されている「ホールド・ザ・ライン」はデビュー・アルバムの曲で、全米5位となりました。アルバム自体も9位、本当に順風が吹いたデビューでした。

とはいえこのバンドの真骨頂は4枚目の「聖なる剣」でしょう。「アフリカ」「ロザーナ」「ホールド・ユー・バック」はやはり今聴いても良い曲です。マイケル・ジャクソンの「スリラー」を押し除けてグラミーのベスト・アルバムを受賞しています。「スリラー」にはメンバー複数名参加しています。

「99」や「パメラ」もヒットしました。でも個人的には先ほどの「ロザーナ」が大好きでした。これ、別れ歌なんですよね。離れても忘れられないよ、ロザーナ、といった感じでしょうか。歌詞は読まない方が良かったと思った記憶があります。

日本でも人気の高いTOTO、日本の有名な衛生陶器メーカーから名前を付けたと、リップサービスをしたこともありましたが、どうも違うようです。オズの魔法使いのドロシーの飼い犬の名前から、ということらしいです。

そういえば先ほどの「ロザーナ」も俳優のロザンナ・アークエットのことを歌ったという話がありますが、これも違うようです。何が本当なのか良くわからなくなりますが、そんなことはどうでも良いと思わせるような良曲の数々、聞き飽きること無くずっと聴いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。