電車遅延について思うこと。電車の中で考えてみました。

東武東上線は、人身事故やら何やらで良く止まっている印象があります。統計は色々あるので本当に他の路線に比べて多いのかは何ともですが、相互乗り入れも多く、他の路線の遅延にも巻き込まれますし、他の路線にご迷惑を掛けていることもあります。

待っている時間は非常に腹立たしく思うこともありますが、人命が失われている可能性があることも事実なので、あんまり文句を言うのは避けますが、正直疲れて帰っている時、朝急いでいる時はどうしても腹が立つのが人情でして。

駅のアナウンスも最近は詳しく言うこともあります。「現在警察が入った」とか、「現場検証中だ」とか。やっぱり色々文句を言う人がいるからなんでしょうね。考えてみれば鉄道側も被害者ではありますしね。

飛び込んでしまう方について「はた迷惑」とか言ってしまうのは簡単ですが、飛び込んでしまう精神状態は残念ながら理解できてしまうし、追い込まれた時、別に鉄道だけではありませんが、取り返しの付かないことをする衝動に駆られたことは本当に何度もあります。

だから実際に行動に移してしまう人と踏み止まる人の差は、本当些細なキッカケと思いとどまらせる何かがあるなしだけなんだろうと思います。でも鉄道は残された家族のことを考えると出来れば避けて欲しいです。物凄い損害賠償請求が発生します。

職場で精神を病んで長期休暇を余儀なくされた人が何人もいました。若い人ならそのまま辞めてしまったり、家族があって辞めるに辞められない人は本当に大変そうでした。仕事で迷惑を掛けたと謝る必要なんか無いのに。だってそのフォローも「仕事」ですもの。謝らなきゃ心ない文句を言う人が居るのも事実ですけどね。

書き始めたものの話が全く纏まらず困っているんですが、何せ遅延している電車の中で思ったことを垂れ流している感じでして。いつものこと?申し訳ないです。出来れば優しい気持ちで読んで頂いて…。都合良すぎます?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。