福岡でも献血してみました。

福岡でも献血に行って参りました。今回は成分献血でした。昔は成分献血の人が少なかった記憶がありましたが、結構成分献血が人気があるのか予約が結構入っていて、受付で本日はいっぱいと言われている方もいらっしゃいました。

注射って、看護士さんの腕前で大分痛い痛くないの差が出ると思っています。今回の看護士さんはほとんど痛みを感じませんでした。いつも言っているのですが、忙しそうな献血ルームの看護士さんは上手です。

何処でというのは伏せますが、やはり地方のあまり人が来なそうなところで、かなり痛い注射をされた記憶があります。やはり経験なんだなあと思ったものです。新宿の献血ルームはどなたでも痛くなかったと思います。

献血ルームが駅前に多いんですよね。なのでモータリゼーション全盛の今、駅前に人が来ないのでやはりその分献血に来る人も少なくなるんでしょうね。あれから10数年経っていますので立地も少しは状況変わってますかね?

そう言えば注射が痛くなかったので、睡魔に襲われました。針が刺さった状態で眠ってしまうなんて若い頃には考えられませんでした。だんだん恥じらいも無くなって来ますし、え?それが人間と言うものですか…。

住民票を移していませんので、血液検査の結果は川越の自宅に届くことになっています。まあ年末に確認しましょうかね。あ、エイズ検査は献血では出来ません。私はあまり関係無いと思いますが献血ルームでは必ず言われますので、ここでも取り敢えず言っておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。