皇帝ペンギン 図書館DVD

ペンギンって、近くで見るとあんまり可愛くないと言ったら、友達に嫌な顔をされました。というか、だいたいの生き物はそうなんでしょうけど。クマとか、山で見たら怖いはずですよ。以前、車の中で良かったですけど、イノシシの群れに遭遇したことがありますが、いやあ怖かったですよ。

前回に引き続き教養物、ですがこちら商業映画として公開されたものなので、陳列棚としては洋画の所にありました。公開当時話題になっていましたが、これも結局行けず、今回が初見になります。

ナレーションが擬人化されていますが、ドキュメンタリーです。私は専門家でも無ければペンギン愛好家でもないので、生態迄は良く知りませんでした。というかこんな鳴き声なんだという所から始まってますけど。

基本的なこととして、南極に住むペンギンって2種類しかいません。そのうちの1種がコウテイペンギンです。しかし、交尾、産卵、子育ての為に内陸に入って行くというのは全く知りませんでした。

ヨチヨチ歩いて内陸に向かっていますが、何かに襲われないのだろうかと思いましたが、そもそもあまり生物も居ないし、結構大きいんですよね、コウテイペンギンって。だからこんな生態なんでしょうね。

ドキュメンタリーなんで、群れから逸れたペンギンの姿も映し出しますが、恐らくダメだったんでしょうね。助けることもしない、できないし、ありのままを映しています。アザラシに食べられるところも。雛が死ぬところも。

ありきたりの感想ですが、こんな過酷な環境で良く生きているなあと思います。過酷な環境だから天敵も少ないんでしょうね。雛には天敵がいましたが。流石に親鳥を襲おうとはしていませんでしたね。何ていう鳥だったんでしょう?

最初のナレーションでオスの数が少ないという話があります。卵が産まれて直ぐはオスが卵を暖める為、メスが食べ物を取りに行って帰ってきたらオスの番、なので空腹で食べ物を取りに行くことになり、生存率が低くなるようです。やっぱり過酷。

子育てが終わると、オスとメスのパートナー関係は解消されます。なので、「来年も一緒になれるといいわね」「カップルはそれぞれの道へ」というナレーションに繋がります。オスが少ないからその方が公平?なんでしょうか。

そしてペンギンの赤ちゃんがカワイイ!最初の文と矛盾してますかね。赤ちゃんはどんな生き物でもカワイイですが、大画面で見たかったなあと思わせる画像がいっぱいありました。お子様と一緒に観るのもオススメですが、子どもは飽きちゃうかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。