江川緑道 ふじみ野市

私のお散歩コースの紹介になりますが、こちらはお散歩コースと言っても家からだとかなりのハードなお散歩になります。まあそれは良いのですが、緑道と言っても舗装された道なので、夏は辛いです。

新河岸川には私の知る限りですが、川越江川、福岡江川、富士見江川の3本の江川が流れ込んでいます。どれもそんなに有名な川では無いので混同することもほとんどありませんけど、何でこんな近場で同じ名前が付いているのか不思議です。それぞれの近所の人は〇〇江川の〇〇の部分は省いて話をしますし。

この内富士見江川は結構新河岸川から離れた所でも開渠になっていますが、川越と福岡は新河岸川のそばから直ぐに暗渠になります。川越の方は単に蓋をしただけですが、今回の福岡江川は遊歩道になっています。

こちらの遊歩道、元々は大井町と上福岡市という違う自治体を流れていました。今は合併したので一緒になっていますが。上流側の旧大井町部分は緑の道、下流側の旧上福岡市部分は市の歴史を展示する形の遊歩道となっています。

もう合併したんだから撤去すれば良いのに町境の表示です。何だかなあ。しかも一部取れてるし。でもこれも土地の記憶ではあるので、私のような古い物好きとしては残して欲しい物ではあります。

上福岡市の歴史関係は、下流から古代、上流に行くと現代となります。上の写真の所で終わる訳ですが、なまこ壁があったり、クイズがあったり、最初は面白いですよ。流石にしょっちゅう通ると見慣れてしまいますけど。

ただ、旧上福岡市側は古くから住宅地として開発された関係だと思いますが、横から道がいくつも横切っています。なのでジョギングとかなさる方は十分注意して走って下さい。これがまた昼はそれなりに交通量があるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。