川越城本丸御殿

日本百名城に名を連ねる名城、川越城。ですがお城素人(そんなカテゴリーあるの?)には天守閣が無いのであまりピンと来ないかも知れませんね。でも太田道灌時代にはそんな物無いし、江戸時代には見栄以外に使い道無かったでしょうから、敢えて作らなかった、若しくは幕府の許可が出なかった、まあそんな所でしょうね。

御殿自体はあまり大きくありませんが、本来の川越城の縄張りは何倍?何十倍?はあったようです。ワタクシ他人の土地に行っては「何だお城の中にこんな学校なんか建てちゃって」とか悪態を吐いていましたが、自分のところがそもそもで。もう悪口は言いません。

そういう視点で本丸御殿の周辺を歩いていると、門の跡やら何やら碑がいくつも見られます。残しておいたら結構な見ものだったんでしょうね。御維新の時に色々舞い上がって壊してしまったんでしょうね。

中に入ると使者の間がまずあり、城主に取り次ぐんでしょうね。それから中に入ります。トイレが別棟にはなっていますが、建物内にあるのは少し残念でした。ここも何か展示できそうなんですけど。

家老詰所からのお庭がとても綺麗です。この日は天気が悪くてイマイチですが。縁側に長居はしないでとのお達しがありましたが、座ってしまうとどうしてものんびりしてしまいます。駅から歩くとここまで結構ありますので、やはり休めるとそうなりますよね。でも1分も居ずに立ちましたよ。念の為。

その後説明書きを見て、又出てきました福岡村の星野家。家老詰所は明治になって星野家に払下げ、星野家の分家みたいですが、そこで「発見」されて平成になって再移築されたようです。このブログでは星野さん三度目の登場でした。本当名士だったんですね。

家老詰所で人形が三体、地図を見ています。川越藩が幕末に警護に当たった台場の地図です。黒船の襲来に備えていたんですね。そばの博物館にも台場警護の話や資料の展示があったと思います。

本丸御殿大広間はここと高知城しか残っていないそうです。なのでかなり貴重な建物なのですが、やはりだいたいの方にとってお城と言えば天守閣。なので案内するとだいたいガッカリされがちです。でも貴重な物としてちゃんと説明できてれば良かったんだなあと、今更ながら思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。