小さな恋のメロディ 自腹DVD

図書館や美術館もようやく再開の目処が立って来たようです。それまでは自腹で頑張ります。とはいえ自腹物は売らないで持ち続けているものばかりですから、私としては思い入れも強いものばかりになります。

このタイトルですが、図書館にもありました。確認はしていて紹介したいなと思っていたのですが、他のものにばかり目が行って紹介出来ずじまいになっていました。必ず現物を観てから紹介していますので。

正直な話、物語としては大した話ではないんです。小学校高学年くらいの設定なのかな、男の子と女の子が恋に落ちたものの、大人の理解を得られず駆け落ちを計画して…。そんな感じです。日本と一部のラテンアメリカで売れて、英米では売れなかった。でもストーリーを考えたら英米の方が正常かもです。

この映画の魅力は、3人の子役とビージーズの音楽にあります。というか、ビージーズとCSNYの「ティーチ・ユア・チルドレン」の紹介、音楽映画です。なので音楽が掛かると物語も止まりイメージ映像と化します。なのにビージーズもCSNYもこの映画の為の書き下ろしはしていません。予算も無かったのかな?

マーク・レスターとジャック・ワイルドの遊び回る所とか、マークとトレイシー・ハイドのデートの所とか、本当に美しいです。あと今回見直して、トレイシーと金魚の所は、ほぼ彼女のイメージ・ビデオですね。曲も「メロディ・フェアー」で、やっぱり可愛い娘だなあと、改めて思いました。何と月並みな感想…。

この映画の子どもの扱いが好きです。子どもは天使ではないし、いじめもあるし、エッチなことは大好きだし。ダニエルとメロディのデート後にそれぞれのクラスメイトがからかう所とか、本当子どもって残酷ですよね。でも、親にダニエルへの想いを切々と語るメロデイちゃんを観て、親になった自分は複雑…。

トムがダニエルを失いたくないあまり、メロディを追い払おうとする所が好きというか、良いシーンだなあと思います。一人取り残されるトム、通過儀礼だなあと思いますが、頑張れジャック!と。ジャック・ワイルド好きとしても複雑な思いです。彼ももう故人ですが。

子役から成功するのはなかなか難しいですが、この3人もやはりスターダムには上がれませんでした。それ故に思い出は美しいままに残されています。たまに「あの人は今」的な企画でマークは出てきますが、もうそっとしてあげて欲しいなとも思います。

しかし、イギリスの学校制服のスカートってあんなに短いんですか?って気になるくらい短いです。ツィギーの頃とはいえ、パンツ見えるとか、あんまり気にならないんですかね。白人男はパンツにはあまり興味ないと聞いたことはありますが。日本男が変態なだけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。