喫茶杉小屋 福岡県太宰府市

竈門神社下社の周辺には意外とお店が多いです。意外とと書いたのは下社でも神社自体が太宰府の駅からかなり登った所にあり、ちょっと気軽に行く感じでもありません。それに鬼滅ブームで出来たっぽい店は無いと思います。

しかもそんな立地ですから周辺に民家はほとんどありません。なのでこの辺りのお店はほぼ観光客相手のお店だと思いますが、それにしては結構頑張っていらっしゃるのではないかと思います。

記事を書くのに入る店を探す、と言うのも無い訳ではありませんが、駅から歩くといい加減休みたくなります。お参りをして目に入って来たのが「ぜんざい」ののぼり。ダイエット中じゃ無いのかと言うのはあるのですが…。

建物は山小屋風です。神社脇の坂道の途中にあるので神社と関係があるのかしら?それはわかりませんでしたが雰囲気はとっても良いです。メニューを見るとコーヒーやケーキ、カレーとか洋風な物が多いです。

でもまあのぼりに惹かれた訳で初志貫徹としました。ぜんざいとおしるこって何が違うのか分りません。と言うか諸説あるのと地方でも定義が違うみたいなのです。美味しければどっちでも良いと言う身も蓋もない思想の持ち主なので、あんまり追及しません。

ぜんざい、とっても美味しかったです。お餅がまず香ばしくて焼かれていますし、粒あんの汁も美味しいです。添えられている塩昆布を食べると更に甘さが引き立ちますが、甘さも上品な甘さです。

三色のお団子も付いて来ていますが、写真が相変わらず下手なので塩昆布の皿に被ってしまいました。それと緑茶が苦く、甘い物がより引き立つ味です。お値段以上に満たされた気持ちになりました。

店主の女性に話し掛けて頂きました。私は話しかけないでオーラが出ていてあまり話しかけられることは無いので、ぎこちなく話してしまって申し訳無かったです。慣れてないなあ。でもちょっと嬉しかったりするんです〜。なんてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。