パリで一緒に 図書館DVD

日本人に長く愛された海外の俳優さんと言えば、男性ならアラン・ドロン、女性ならオードリー・ヘップバーンということになりますが、この二人は公開作品が途絶えても、絶えず人気投票で1位を保ち続けていました。

アラン・ドロンはフランス映画が主戦場だったのに対して、オードリー・ヘップバーンはハリウッドということもあり、ほとんどの出演作が封切り、ビデオ化、DVD化がなされています。又、借りる人も多いのでしょう。川越に限らずでしょうが、図書館にも多いです。

本タイトルはその中の一作で、個人的には大変大好きなのですが、世間的な評価はあまり高くありません。まあ、ハラハラドキドキしたり、感動して泣いたりという類の映画じゃありませんしね。業界内輪ネタというか。

ウイリアム・ホールデンのいいオトコぶりは相変わらずですが、今の基準だとセクハラになっちゃいますね。トニー・カーティスの雑な扱われ方もなかなかいい味を出しています。ちょっと可哀想になっちゃいますけど。オードリー・ヘップバーンについては、説明不要の美しさ。衣装は当然のジヴァンシー。

これも視聴には問題ありませんが、ディスクに傷が多いです。未だ借りていませんが、ローマの休日とかどうなんだろう?公共物ですので、皆さんも借りる時は丁寧にお扱い下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。