スターバックスコーヒー 川越鐘つき通り店

鐘撞堂の近所にスターバックスができると聞いた時、正直嫌なニュースだなと思った記憶があります。あのロゴがデカデカと?とか思うと何とも言えない気分になったのを覚えています。でも出来た所を見たら、非常に考えて造ったんだなあと思わせるもので。

何やら観光地ではそこに合わせた店を作るらしい、他でもありますよという話でした。ふーんと思いながら見ていたら、蔵を上手く使ったかなりお洒落な店が出来上がっていました。逆に他の店ではとても出来ないでしょうね。贅沢過ぎて。

中に入ると直ぐにベンチがあり、背もたれのところのクッションがまず川越唐桟だそうです。壁には襖絵、天井は高いし中庭まであります。周囲との調和って言ったって、外見は何とかしても、外見にお金掛けたら個人の店ではここまで内装にお金掛けられないですよね。

そしてドリップコーヒーを頼みました。本当は何とかマキアートとか頼んだ方が良かったんでしょうけど、今回はここに来るのが目的みたいな所もあるし、コーヒーそのものを味わってみたい、とも思いましたので。

コーヒーにピントが合ってしまい、庭がボケていますね。店の奥のお庭です。この日行ったのは午前中でしたので比較的空いていましたが、やはりテラス席が人気のようです。特に外国人にはいいようです。

新型コロナ・ウイルス以前だったらこんなにゆっくり写真撮れなかったかもなあ、と思いながらコーヒーをゆっくり頂きました。でも川越って、東京より夏は暑いし冬は寒いので、オープンカフェに向いている季節は少ないです。

このカフェ、地元の人の評判も良いようです。最初にも触れましたけど、景観を守ると言っても個人でここまでは難しいですからね。他者の新規参入のハードルを上げてしまってもいます。でも一見の価値はあると思いますので、何かの折にはぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。