ゴッホ展 上野の森美術館

東京は世界的に見ても美術展の多い都市です。美術館を訪れる年間延人数も世界有数と聞いています。絵画の保存技術も高く、盗難やユネスコ条約違反を心配することも無い、来場者数もある程度計算できる。となると、やはり貸出先としても安心感があるのでしょう。海外の美術館が改修工事中の絵画の貸出先として、日本、特に東京は選ばれやすくなっています。

私、年に数回美術館を訪れるのですが、近年は見たい展覧会が結構多いです。でも、展覧会に行くのも体力的にきつい、というか集中力が続かないので、観たい物がいくつもあっても中々観に行けません。

ゴッホ展は何かしょっ中やっている印象があります。日本で人気も高いんでしょうね。厳選して観に行くことにすると「又今度あるよね」という感覚から漏れてしまいがちになっていました。

それで思い出したら、最後に行ったのは何時?と考えたら何と、1995年の横浜市美術館以来行っていないことに気づきました。あら、これは今回行かなきゃという感じで行くことにしました。

今回は「ひまわり」こそ無いものの、初期の作品から療養所に入っていた時の作品迄、満遍なく展示があります。27歳で画家を志し、37歳で自ら命を絶った、その人生が詰まっている、そんなことを思いながら鑑賞していました。

私は美大出身でもありませんし、全然詳しい訳でもありませんが、やはり後半の作品の方が質は高いのかな、とか思ってしまいました。上から目線のつもりは無いのですけど、ゴッホは天才でもあるのでしょうが、努力家なんでしょうね。

これも又、何時もやっているのが、その展覧会でマイお気に入りを見つける、ということです。今回は三点ありました。「麦畑」「サン=レミ療養院の庭」「薔薇」でした。写真は「薔薇」のポートレート。

前に終わった展示会を紹介した事がありましたが、今回は1月13日迄開催されています。今回も終わった展示ではさすがに申し訳無いので、七福神紹介に割り込んでみました。平日でも混んでましたが、一見の価値はありすぎるほどありますので、ぜひご覧になってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。