カフェルミエール

個人経営の喫茶店って、いろいろこだわっているところと、何となくやっている感ありありなところと、個人的趣味の置き物が並んでいるところなど、まあ本当に千差万別ですが、馴染みのお客さんとずっと話をしていて、あんまり構ってもらえない、なんてことがよくあります。

まあ私はどちらかと言うと放って置いて欲しい方なので、それはそれで構わないのですが、大声で延々と話をされていると落ち着かなくなって、直ぐに出てしまうこともあります。まあそれも程度問題なんですけどね。

私の実家は自営業だったのですが、幼い頃、納品を手伝わされたりしていました。まあ、会っても素っ気無い感じのお客さんが多かったですし、それが普通なのですが、その中の一軒、両親の仲人をして頂いた社長の会社に行くと、社長の馴染みの喫茶店に良く連れて行って貰いました。社長にとって私は孫感覚だったんでしょうね、今考えると。私はジュースとかご馳走してもらっていたのですが、社長はマイカップがあって、コーヒーを頼んでいました。父が「あれはマイセンっていって…」と言っていましたが、本当にそうだったかはもうわかりませんが、店には色々なカップが飾られていて、常連さんはそれぞれの物で出てきたんだそうです。

今回お邪魔致しましたこちらのお店ですが、「紅茶」が売りのようなので、ちょっと惹かれて入ってみました。隣に紅茶の茶葉を扱っているお店があるのですが、関係は無いみたいです。店に入ったら店主にびっくりした顔をされました。夜に常連でもない客はなかなか来ないですよね。でも冷たくされたとかではないので、そのまま座ってメニューを確認。紅茶が売りと思ったのですが、メニューは珈琲から始まっていました。ここもコーヒーが良かったのかなぁ、と思いましたが…。

でも紅茶が飲みたかったので、ここは初志貫徹して紅茶で行きました。で、ロイヤルミルクティーを頼みました。甘いものも欲しかったのですが封印。少し痩せないといけない事情がありまして…。でもすぐに挫けるんですけどね。

注文してから結構時間が掛かって出てきたのですが、生クリームを泡立てていたんですね。何かガチャガチャ音がしているなあ、と思っていました。これがまた絶品で、幸せな時間を過ごせました。これでスイーツを頼んでいたら、結構なカロリーが…。

ティーカップはウエッジウッドの物でした。お店のカウンター内には、いろんなカップが飾られていました。それで幼い頃の記憶が蘇ってきました。甘い紅茶もたまにはいいものです。また伺える日を楽しみに、次来た時はどんな器で出るのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。