オール・マイ・ライフ:ベスト・オブ・カーラ・ボノフ カーラ・ボノフ 図書館CD

かなり久しぶりに図書館に行きました。実は行きたくて、又記事を書きたくてウズウズしていました。このブログ、なるべくお金を掛けない老後、みたいなものを模索しているのですが、このジャンルはお金掛かっていませんから。

カーラ・ボノフって誰?と言う感じでしょうけど、「哀しみの水辺」という曲が以前CMで取り上げられたこともあり、聴くと解るような気もします。ただこの曲自体はかなり多くの方の歌唱があり、彼女が作った歌でも無いので、違うバージョンで覚えているかもしれませんけど。

私はリンダ・ロンシュタットからカーラ・ボノフを知りました。リンダが取り上げたことでカーラがメジャー・デビューが出来たという感じです。このベスト盤にもリンダが取り上げた曲は全て入っています。

「またひとりぼっち」は確かリンダ・ロンシュタットが初めて来日コンサートをした時の最初の曲だったと思います。リンダは溢れる感情を吐き出すような歌唱ですが、カーラは淡々と感情を抑えつつも強い意志を感じさせる歌唱です。

「ささやく夜」や「私は待てない」はリンダが取り上げていませんが、多分取り上げてもカーラの歌唱の方が良い感じがします。そこは選んでいるんでしょうね。どの曲か忘れましたが、リンダに提供を断った曲もあったと思います。

カーラはシンガーソングライターではあるのですが、彼女の一番のヒットは「パーソナリィ」で、こちらは他人の書いた曲です。私も好きな曲ですが、自作では無いと聞いたのは結構後になってからでした。歌い方もハマっています。

「哀しみの水辺」はやっぱり聴き惚れてしまいます。カーラの優しい歌声に本当にマッチした曲だと思います。この曲はスコットランド民謡だそうです。それを現代でも歌い継げるヨーロッパ文化ってやっぱりスゴい。本当にそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。