こんなブログですが、300回になります。♬春のことです、思いだしてごらん〜♪

今回の投稿が299回で次で300回の記事となります。1日1更新ではないので1年以上掛かっていますが、こんなところだと思います。もっと増やすことはできそうなんですが、ネタ切れしたらもっと間隔が空きそうで怖い…。

100回に到達した記事を書いた後にすぐ、図書館が閉まっていることを嘆く記事を書いていますので、このブログを書き始めて結構早い段階から新型コロナ・ウイルスの脅威が始まっていたんですよね。

もうリズムとして月曜日は名所、水曜日はカフェ、金曜日は円盤、土曜日は愚痴、そう言ってしまうと身も蓋も無いですね。そんな感じで更新しています。記事は人気不人気あるものの、全て自分の日記みたいなものですから、どの記事も私にとっては大切なものです。

なので本当は土曜日の記事も前向きなことを書きたいとは思っているのですが、あまり生活感のないことは書きたく無いのです。そうなると今一番の関心事はこのウイルスの問題がいつ終わるのかということになってしまいます。

そんな中ですが、上の子どもが就職して独立しました。卒業できたと聞いてもあまり実感が湧かなかったのですが、空になった部屋を見て、ああそうだよね、でも泣きませんよと。でもちょうど外で幼稚園児でしょうか、歌を歌っていて、それを聞いて涙が出てしまいました。

「春のことです、思いだしてごらん〜」そうです。おもいでのアルバムでした。上福岡市から川越市に引っ越して、でも幼稚園はあと少しだからとそのままの幼稚園に通わせていました、あのとき。子どもとバス停まで歩いて行く時に一緒に歌ったなあとなどと思ったらつい…。

遠い昔、親離れは意外とあっさり出来たんですが、子離れは結構気持ちが大変だと気付きました。歳を取ったんですね。お父さんお母さんごめんなさいと今思っています。本当、あんなことこんなことあったでしょう。今度は孫かな?いつのことやら。

ウチは子どもが2人ですが、年子なので来年には保護者を卒業予定になっています。来年の方が辛いかなあ?幼稚園の時のことって自分はほとんど忘れていますが、親の立場だと「いつになっても忘れない」ですね。ボケたら分かりませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。