NHKスペシャル ローマ帝国 第三集 図書館DVD

本タイトルも、ついに三部作の最終を借りました。ローマ帝国の衰退期を取り上げた回になります。塩野七生先生の「ローマ人の歴史」が大好きで、通しで10回以上は読んでいますが、後半の衰退期を描く先生の文は湿りがちになります。

ハンニバル、スキピオ、カエサルといった共和政時代の英雄達を描いていた回の生き生きとした文に比べると、若干読む方の気分も湿りがちになりました。ワクワク感って言うんですかね。とはいえ衰退期にワクワクを求めても、と言う所に行き着くんですが。

本タイトルは、それでもハドリアヌス時代の話を多く取り上げています。ハドリアヌスは所謂五賢帝の一人で、衰退期ではなく全盛期の皇帝と言えると思います。その時代でも衰退の兆しは出ていたということです。ここでも発掘調査から、色々なことが明らかになってきます。

イギリスにあるハドリアヌスの長城付近の要塞が発掘の対象になっています。そこから色々な物が出土しています。最果ての要塞に女子どもが多数居た、ということですが、危険と隣り合わせの現場で妻帯禁止だったはずですが、統制も取れなくなっていたんでしょうね。死と(性)が隣合わせにあった、とも言えるのかな。

ダキア戦争で、ブリタニアの兵士が派遣されることになり、脱走兵が増えたということが出土品から明らかになった、とのことですが、今更妻帯者だとも言えないし、恐らくその妻もブリタニアの女性だと思われますので、余計に行きたく無かったんでしょうね。そして帝国は衰退期に入ります。

ローマ帝国が二分割され、遂には滅びる運命にあるのですが、キリスト教に乗っ取られたいきさつは、本タイトルでは語られていません。一神教の神を信じることは多様性の否定をも意味し、多様な民族を受け入れる寛容さも失われ、ますます衰退を早めたと私は思っているのですが、本筋からは外れますね。

このシリーズ、テレビで放送した時、何で観て無かったんだろうと思ったのですが、大量のコインの入った壺の発掘、しかも賄賂だったという紹介の下りで、「あ、昔観た!」と気付きました。人間って興味のあるものでも忘れるものね、と思いました。それも含めて、シリーズ三巻、借りて良かったとつくづく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。