Cafe ブラン

新河岸駅とその駅前が2018年にリニューアルされ、とても綺麗になりました。綺麗にはなったのですが、それで利用者が極端に増えたとかではないので、なかなか新しい店が増えたりという所までは行っておりません。駅前の喫茶店というと、以前ご紹介しました神田珈琲園さんくらいです。

かつて駅前に東武ストアがあったのですが閉店となっています。かつての改札口あたりに新しい建物が出来上がりました。カフェ・ド・クリエさんが入っているようなので、又の機会に行こうかな、と。

そんなことを考えつつ駅の西口を出て、川越街道方面に向かいます。この道と川越街道がぶつかる交差点にいなげやがあったり、セブンイレブンがあったりするのですが、その先もお店がポツポツあります。商店街だったのか何なのか、そんな雰囲気があります。実際にはわかりませんが。

更に歩いて行くとこちらのお店の看板が見えてきます。「有機珈琲と軽食の店」というのが売りみたいです。看板から推察するに結構前からあるお店みたいです。駐車スペースもいくつかあります。

中はレンガ調の腰壁部分も含めて全体に茶系統で統一され、棚とかも木製でとても落ち着いた雰囲気です。入口の扉もちょっと重かったですが、雰囲気の良さに一役買っています。それにケンジントン駅のロゴの時計、ロンドンと書いてあるので赤毛のアンは関係ないですね。

ミルクティーを頼みました。ミルクはクリーマーでした。毎度のことですが珈琲屋さんでの紅茶の扱いってこんなものです。でもティーポットに少し茶葉が残っていたので、茶葉から淹れてもらったと信じます。うーん。

テーブルクロスも可愛いし、なかなか落ち着いた良いお店です。ただ全ての席で喫煙可なので苦手な方にはあまりお勧めできません。私は吸わないですが、あまり気にならないのでそのまま利用させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。