2回目のモデルナ・ワクチンを接種しました。そして秋の気配と。

何か少しだけ書き溜めてしまって、そう言えば2回目のワクチン接種の話をしていませんでした。このブログ、私の勝手な備忘も兼ねていまして…。後世の方々の役には立たないとは思いますけど。

以前は自粛警察やらコロナ差別やらと色々嫌な話がありましたが、恐らくこれからはワクチンを打った打たないで差別が出て来るのでは?と思っています。本当嫌な世の中ですが、人間心理を止められる訳でもありませんし。

2回目はちょっと熱が出ました。でもそれほど大したことなく2日後には通常に戻りました。腕も前回よりは痛く無かったです。そういう物なのか、看護師さんの技量が向上しているのか、後者にしておきましょうかね。

ワクチンだろうと風邪だろうと37.5℃を超えたら体温を測る所へは行けないんですよね。今更気付きました。相手のお店にしたらワクチンでの熱上昇か、新型コロナ・ウイルス罹患者かを判断することはなく、一律禁止の方が管理はしやすいですよね。

とは言え一人暮らしだったりすると事情は異なります。私の場合は私が駄目でも連れ合いが代わりに買い物に行けば何とかなりますし、未だ子どもも家にいますので。一人暮らしだったら備蓄から始めないと駄目なんですよね。

話は変わりますが、最近ようやく夜は秋の虫が鳴くようになって来ました。日中は未だ暑い日が続いているのですけど。と言うかお盆の頃が雨ばかりで気温が低かったせいで余計に暑く感じています。

緊急事態宣言とかで家にいらっしゃる方も多いと思いますが、そう言えばここ数年、電力逼迫の話が無いですね。省エネ家電が増えたからでしょうか?それとも少子化からの人口の上げ止まりからですかね。

子どもの手が離れたら最低限の家事はこなしつつ、図書館に入り浸ろうと思っていたのですが、今回の件が続くようだとそれも難しいですね。前は寝ている人も結構いらっしゃいましたから、座れないこともありましたけど。空調がきいていて居心地はいいんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。