高倉町珈琲 川越店

最近、地方の駅前というのがどんどん寂れてきて、老舗の喫茶店の類も無くなる傾向にあります。喫茶店に限ったことではありませんが。そんな中、チェーンの喫茶店がロードサイド対応するケースを良く見かけます。

地方に行くと、スターバックスって、ロードサイドや大型のショッピングモールに入っていることが多いです。そうなると井戸端会議ではないですけど、団体さんが大声で話しているという、ハイソな都会のスタバとは違う風景が展開されています。

このブログを始めた頃、なかなか個人経営と思われる喫茶店に入って行けず、チェーン店の紹介が多かったです。今は平気で入って行きますが。チェーン店は働いている方もマニュアル対応なので、常連さんになるつもりが無い私としては、とっても気楽なんです。

今回のお店は、多分チェーン店なんだろうなと思いながら入りました。そして調べたら、スカイラークの創業者の一人の方が、退任後に新たに始められた喫茶店チェーンだそうです。バイタリティが凄いですね。

店内は、広い、それが第一印象です。内装は大正〜昭和のイメージなのかな、と思いましたが、店内にはビートルズのポスターやらレコードやらが飾ってあり、60年代オマージュなんだと理解しました。

そういえばDVD/CDの紹介でビートルズは取り上げていませんでした。イマジンはジョン・レノン個人ですものね。その内取り上げると思います。結構聴いていた時期もあるのですが、詳細はビートルズを取り上げた時に書くことにします。

ブレンドコーヒーを注文しました。モーニングだったので、この後トーストと茹で卵が来ています。最近このパターン多いですね。コーヒーはちょっと苦目でした。キツくは無かったです。

座席もゆったりしていて、ゆっくり過ごさせて頂きました。自動車でないとなかなか行けませんけど。川越はちょうど駅前とロードサイドの争いの中間点なのかなと思っています。どちらも共存して欲しいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。