菓子工房hiro

蔵の街を通り抜け、札の辻の交差点迄がだいたい観光地らしい所になりますが、横の道、菓子屋横丁の出口あたりから川越市役所迄の間、本町通りと言いますが、色々お店があり賑わっている通りです。

これが市役所の前から初雁城通りと名前を変えます。初雁城というのは川越城の別名です。正直どっちかに統一した方が一体感があるんですが、そっちは商店街にはなっていないので、どっちでもいいや、とかそんな感じなんでしょうね。

吉寅さんがドーンとお店を構えていますが、それ以外のところは結構こじんまりした所が多く、いや吉寅さんが特別なだけですが、割と眺めているだけでも楽しい所です。いや眺めているだけじゃなく利用して下さいね。

それでこちらのお店、前々から気にはなっていたのですが、なかなか入る機会が無く、そのまま通り過ぎていました。ケーキ屋さん?でも中でも食べられると?一組二人迄のご案内?どういうことだろう?取り敢えずドアを開けましょう。

恐らく店主の方がお一人で切り盛りされているのでしょう、小さいですけど非常に可愛らしいお店です。ショーケースも小さめのものが一つです。でもフルーツロールケーキやカップケーキも美味しそうです。

アイスティーとシュークリームを頂きました。因みにテーブルはここだけです。恐らく開店当初とかは席ではなかったのではと思います。でもすみっこにちょこんと座るのも悪くはないですよ。これはこれで落ち着きます。狭い家育ちなので。

アイスティーはともかくとして、シュークリームは厚目の生地でしっかりした物でした。だいたい厚目の生地だと固いものが多いですが、若干しっとり目で食べやすく、クリームも上品なお味でした。

この日は午前中で他にお客様も来ず、大変のんびりした時間を過ごさせて頂きました。店内を見回しても良い感じでしたし。焼き菓子も美味しそうですし、今度はケーキだけでも買いに来ようかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。