緊急事態宣言解除でも、まだまだ大変な所はあるもので…。

緊急事態宣言も解除され、町に活気が戻って来ました。レストランも時間制限はありませんし、お酒も飲めるようになりました。多分冬になったら又規制が掛かるとは思いますが、ワクチンもほぼ一巡した感じですし、何とかフェードアウトして欲しいですね。

ただ世界的に見ればまだまだワクチンも終わっていませんし、海外旅行とかは難しいですよねという知識はありました。でも自分の目で目の当たりにすると、そんな簡単なことで片付けられない問題なんだと感じています。

川越に居た時も、確かに観光に来る外国人が全然居ないなあと思っていました。そういうことを書いたこともありました。でも本当に直撃している所を見てしまいました。福岡国際空港の国際線ターミナルです。

博多駅方面から空港に向かうと、国際線ターミナルが見えて来ます。ちょっとそこに行ってみて、国内線ターミナルへの行き方ってあるのかなあ?とか本当に軽い気持ちで訪れたのですが、そこが本当に酷い…。

これ、土曜日のお昼です。因みにお店の類は1Fのセブンイレブンしか営業していませんでした。グランドスタッフの女性たちが待合の椅子に座ってランチ、おしゃべりタイムをしていました。本当に見たことのない風景に何も言えなくなってしまいました。マニアの方々には眼福なのでしょうが。

新型コロナ・ウイルス前の空港であれば考えられないですね。でも彼女たち、メイクも制服の着こなしも全く手抜いていません。そのモチベーションの高さは本当に尊敬します。でもそれだけにこの状況はお辛いでしょうね。何とも申し上げられませんが。

グランドスタッフではない人も居ることは居るのですが、便もほとんど無いので何の用で来ているのか良くわかりません。そう言う私も同じですけど。あ、そうだ国内線ターミナルへの行き方を探していたんでした。

結論から言いますと、構内を歩いては行けませんでした。無料の連絡バスが出ていました。無料なので乗ってしまう単純なワタクシ…。そして国内線ターミナルはかなりの人出。その落差がとても心に残りました。

国際線は国内問題だけでは解決できません。なのでこの状況は続くと思われます。あれだけ職業意識の高いグランドスタッフの皆さんが本当に笑顔で働ける日が少しでも早く来ることをお祈りしています。会社も苦しいでしょうけど、もうリストラは回避して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。