福岡市博物館 福岡ミュージアムウイーク2022

5月18日が国際博物館の日ということで、福岡市では毎年ミュージアムウイークというイベントを開催しています。もう13回目になるそうです。市内17の施設でイベントや入館割引等行っていました。もう終わっていますけどね。

朝早く起きたのでゆっくり行っても開館前に着いてしまいました。そうしたら長蛇の列…、バックヤードツアーをやっていたらしくその列でした。丁度エジプト展もやっていたのですが、気にせず常設展示へ。

常設展示が無料になっていました。無料と言っても元々が200円なので、それほどでも無いのですが、必要なのはキッカケなので。あ、先着30名様にサザエさん通り缶バッチのプレゼントがありました。

もうここは何と言っても金印!ということで入ったらすぐに金印でした。写真不可とか書いて無かったと思いますが、違ったら指摘して下さい。すぐに消しますから。思っていたより小さいと思ったのですが、まあ金ですからね。高価な物だったでしょうし。

その後は他の博物館でも良くある土器やら何やらが続きます。ただやはり福岡博多は戦国末期まで商人の街だったので、その時代になるまでお城とかそういうものは無かったか、あっても見せるものがあまり残っていないのか。

明治に入って鎖国、って言っちゃいけないんでしたっけ?開国して大陸から近いのでとても栄えたものが沢山出てきます。戦後の引き上げだってあったでしょうに、そこはほとんど触れられず…。

神様仏様稲尾様、西鉄ライオンズのユニフォームが寄贈されていました。今の埼玉西武ライオンズの前身になります。福岡ソフトバンクホークスは南海ホークスからの流れですね。今でも一定数福岡に西武ファンがいるのはその為だそうです。

出口に小松政夫さんの展示がありました。そうでしたこの方博多の人でした。私が本当に大好きだったコメディアンでした。不意打ちで涙が出そうになりましたが、芸人さんは笑って送りたいですよね。周りに人も居なかったので、深くお辞儀をして気持ちを落ち着かせて出て来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。