知らないことって多いですよね。何を今さら。

高校の倫理で習ったソクラテスの「無知の知」です。知らないということを知っている。知らないということを知り努力して知を増やす。そんな殊勝な心掛けはありませんが、でも知を増やすと更に知らないことが襲って来ます。

先日、このブログを読み直していると「ああ、ハマスホイからもう1年経ったんだ。展覧会が途中で打ち切られたんだよなあ」などと思いながらハマスホイの国、デンマークの地図をふと眺めました。

「スケーエンは半島の先端の町だったな」などと思いながら、コペンハーゲンからは…、えっ?という感じで気付きました。まあ一般常識なのかもしれませんが、コペンハーゲンってユトランド半島に無く、東側の島の方にあったのね。

50ウン年生きてきてヨーロッパの地図や、勿論デンマークの地図だって何度も見ています。ハマスホイの展覧会にもどこかに地図は貼ってあったし。えーっ、見ていてもそこに関心が無いと頭に残らないんですね。

子ども(理系)に聞いたら、デンマークは半島の方が地形、気候ともに住みにくいらしく、なので島の方に人口が多いそうです。私(文系)は社会科関係は子どもより詳しいと思っていたので2重にショックを受けてしまいました。

ロイヤル・コペンハーゲンのコーヒー・カップも好きで持っています。フローラ・ダニカ?そんな高価な物とても買えません。欲しいけど。シンプルなブルー・フルーテッドでした。なかなかねえ(ため息)。

知識をひけらかしたいとかは全く思わないのですし、知らないのは恥ではないと思いますが、知ろうとしないのは駄目だと思いますので、これからも精進して行きたいと思います。あーっ本当ガッカリでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。