献血のお話。注射をされる時は未だに…。

先週ダイエットの話をしましたが、福岡に来てもう一つのルーティンが献血です。住民票を移していないので毎回福岡から当日帰るのか聞かれますが、まあそういう人は他にも居そうな気はしますけど。

そもそもダイエットをしようと思った最初の理由が献血を断られたことでした。体重増加で脂質が高くなり、血液の保存が難しいので使えないとのことでした。まあその後他の理由が重なって重い腰を上げたという感じです。

最初に献血に行った時のことはほとんど忘れていますが、針を刺されるのが怖かったですねー。あ、今でもあの瞬間は嫌なんですけどね。しかも検査用と本番用で2回も刺されます。断られた時は検査で終わりましたけど。

あまり言ってはいけないと思いつつ、やはり注射も上手下手はあります。正直な話、やはり東京の献血センターの方は皆上手でした。場数なんでしょうね。私が行っている博多の献血センターの皆さんも上手です。

上から目線と言われそうですが、上手い方に当たるとほとんど痛くありません。痛覚のある所を外すコツでもあるのかしらと思ってしまいます。刺す時と抜く時が痛いのですが、本当にどちらも痛くない時は凄いなあと感心してしまいます。

この間は慣れていらっしゃらない方に当たってしまい、ちょっと内出血してしまいました。ベテランの方に少し修正して頂いたのですが、やはり刺さった時に出血したんでしょうね。少し赤黒くなっていました。まあ放っておけば治ります。

でもこちらも刺される方のベテラン?ですからこういうことはたまにあります。60回もやっていればねえ。看護師さんも少しづつ上手くなって頂ければ良いのだと思います。何度か謝られてしまったのですが、あまり気にしていなければ良いのですが。

終わった後は次の予約です。70歳迄献血できるようなので、何とか100回は超えられると思いますが、あとはどうかなあ?義務ではないので、これからもゆっくりやって行きます。抗生物質を飲んでいたり、歯科治療をしていたりすると出来ない期間もありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。