橘樹神社 神奈川県横浜市保土ヶ谷区

埼玉県の方にはあまり馴染みのない相鉄線ですが、実は大手私鉄の分類に入ります。その中では一番営業キロ数は少ないんですけど。横浜から先で観光地もなくベッドタウンの足という位置付けですから、まあフラッと行く感じでは無いのですが。

横浜駅から3番目、天王町の駅で降りてみました。たまに情報番組とかで紹介されるのは松原商店街とかですかね。それ以外にも商店街がいくつかあります。街歩き番組には都合が良いんでしょうね。

駅から北へ向かい歩いて行きました。この道はシルクロード天王町という、これもまた商店街です。地図で見たら旧東海道、箱根駅伝はここは通りませんが、保土ヶ谷区には箱根駅伝で良く出てくる権太坂があります。

シルクロードというのはその昔、横浜から絹を海外に輸出するのに八王子方面から絹を運んだことに因んでいるそうです。その雰囲気は解りませんが、何となく古い街道の雰囲気はありますね。

橘樹神社はそのシルクロード沿い、というか旧東海道沿いにあります。天王町の地名もこちらの神社の旧名、天王社から来ているそうです。創建は1186年、鎌倉時代直前、と言いたいところですが、最近の研究では鎌倉時代に含まれることもあるそうです。

境内はあまり広くないのですが本殿は大変立派です。というか元々はもっと広かったのではないかと思います。明治天皇が京都から江戸へお移りになった時にこちらにお見えになっているようなので。お供の関係もあり、あまり狭い所には行かないと思いますので。

お参りを済ませぐるっと回ってみると、そこには神田不動尊なるものがありました。神仏混淆ですね。そもそも民間信仰なのですから、無理して分ける必要はなかったんですよね。今となっては貴重です。

昔の力石なんかもあったりして、どちらかと言うと地元の神様という感じです。なかなか地元の方くらいしか行かない所だとは思いますが、お近くにおいでの折はちょっと立ち寄ってみて下さい。駅からも5分掛からなかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。