本格手打ちうどん甚徳 福岡県大野城市

「原」という字を「はる」と読む地名が九州には多くあります。このブログでも取り上げた熊本の田原坂は有名ですが、福岡市近郊でも春日原とか白木原とかあります。白木原で降りてみました。原をはると読む疑問は解消していませんが、追々調べてみたいなあと思います。

降りてみたと言ってもほぼ住宅街です。駅前は再開発により綺麗になっています。西鉄さんは今、天神大牟田線の高架化工事をしていて、完成したら踏切も無くなってスッキリすると思います。

駅からは少し歩きますが、福岡日田線まで出て水城駅へ向かう道の分れ道の交差点辺りにこちらのお店があります。ビルの1階の中華料理店と並んで建っています。手打ちうどんの看板に惹かれて入ってみることにしました。

外観はかなり年季が入っている感じでしたが、中はきれいにされています。大衆食堂っぽい雰囲気です。テーブルと座敷があります。真ん中のテーブルが仕切られていてカウンターになっている所に座りました。

毎度毎度で申し訳ありませんが、今回もごぼう天うどんです。福岡に来て半年ですが、川越在住時の数年分のごぼうを食べているんじゃないかと思うほど、ごぼうを食べています。お通じは…放っておいて下さい。あ、食べ物の話なのに申し訳ありません。

こちら、茹で置きしないそうで、茹で上がるのに時間が掛かります。と言っても冷麦並みの細麺なので、思ったよりは早く出て来ました。固さはやはり福岡の麺で柔らかめです。出汁と絡んで美味しいです。

ごぼうも写真でもわかると思いますが、長いし食べ応えがあります。全体に満足感があるうどんでした。こちらカレーうどんが人気らしいのですが、白いシャツの時はやっぱり頼めないですよね。この日は…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。