志賀海神社 福岡市東区

福岡市の沖には幾つかの島があります。福岡市で運営している船で博多や姪浜の港から出ています。しかしすごいですね福岡市、地下鉄も運営していますし、船まで。バスは西鉄の天下ですけど。

ウォーキングの一環で何と志賀島迄歩いたんです。実は。博多から6時間くらい掛かります。そんなに掛かるとは思ってもいなくて、島に着いたら既に夕方、突端迄行っていたら真っ暗になりそうなので断念しました。

でも折角辿り着いたので、何か見て帰りたいなあと思い探すとこちらの神社を見つけました。島の突端に更に小島があり、そこにも志賀海神社の沖津宮というのがあります。知っていれば今度はそっちも良いかななんて思いました。

参道は普通の商店街みたいな、と言うか普通の寂れた商店街みたいな感じです。又、島あるあるですが猫が多い印象です。近づいてもあまり逃げないし、更に近づくと「うるさいなぁ」という感じで、逃げるというより退くという感じです。かわいいからいいんですけど。

鳥居の前に御潮井というお清めの砂があります。それを身体に振って中に入ります。調べたら見晴らしが良いということでしたが、そうなると上りの石段が続き、それまでの歩きもありやっとのことで辿り着きました。

本殿前にも御潮井がありましたのでそこでもお清めをしました。お洋服が汚れるとか言わないで下さいね。これはあくまでお清めなので。こうなると帰りの安全をお祈りしました。帰りはバスで帰ると決めていましたけど。

いつも一枚と決めている写真は、今回遥拝所からの眺めということでこちらです。博多の街が遠くに見えますね。もしかしたら何か特別なものを見る為のところなのかもしれませんが、ちょっと分かりませんでした。

この日は平日で、観光客とか以前にほとんど人を見かけませんでした。なので時間がゆったり流れていました。なんか慌ただしく観光してしまったのが本当にもったいなくて、機会があれば今度は島の突端迄行こうと思います。

それと説明が最後になりましたが、志賀島は昔は島だったようですが、今は砂州が伸びて海の中道という福岡側の半島と繋がっています。なので歩いて行きました。その説明をしていないことに気付き、蛇足ですが書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。