小江戸川越七福神めぐり予習その6 蓮馨寺〜見立寺

七福神めぐりについてずっと書いていますが、水琴窟のことも何故か毎回書くことになってしまいました。そういえば、それなら水琴窟の説明をするべきだったな、と思い少し反省。水琴窟の説明をしてみたいと思います。これは一体何の記事でしたっけ?

水琴窟とは、手水鉢の前に穴を掘り、甕状の構造を地面下に作り、水を落とすと綺麗な音がする。…文章で説明すると何がなんだかわからないですね。絵は無茶苦茶下手なので私が描くと余計わからなくなるので、他のサイトでご覧になって下さい。丸投げ。だったら書くなですね。申し訳ありません。

蓮馨寺を出ると昭和の町から蔵の町に続き、菓子屋横丁を抜けて見立寺に辿り着くという川越観光の黄金ルートを進むことになります。今回はそれが目的ではないので、というかその辺は別で取り上げます。水琴窟から脇の道に出られるので、比較的静かな裏通りを進みました。住宅街ではありますが、松本醤油と鏡山酒造、路地に逸れると小さいお店が並んでいたりして楽しい道です。そこから菓子屋横丁に繋がり、正規ルートに合流して見立寺に到着しました。

新河岸川のほとりにあります。入り口に立派なヒマラヤ杉があり、お出迎えしてくれています。その脇を通り中へ入ります。本堂をお参りし、脇の布袋尊様にお参り。この前まで大きいお寺が続き、繁華街を通りますので、結構身体もくたびれてきます。お寺の中には休むところが無いので、新河岸川沿いの船着場に座って休みました。それも風情があっていいですよ。

寺を出る前に水琴窟も確認しました。何かこれを見ないと落ち着かない心理状態になってきました。喜多院と成田山はそれぞれ単独で取り上げる機会がありましたら、必ず見つけてご報告させて頂きます。あ、興味無いですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。