富士御室浅間神社 山梨県富士河口湖町

富士五湖の中で唯一電車の駅から徒歩圏内にあるのが河口湖です。富士急行の終点駅の名前からして河口湖駅ですから。とは言え湖畔では無く10分くらい歩いてようやく湖にたどり着きます。歩いてみると意外と遠かったです。

ロープウェイには好き好んでは行きません。本当高い所はダメなんです。ロープウェイの上からの景色は美しいと聞いてはいるのですが、やはり行きませんでした。何でお金払って罰ゲームを…、この発想がもう駄目ですね。

私は湖畔をゆっくり眺めるのが好きです。山中湖の時もそう思いました。富士五湖は標高も高いので、夏の湖畔は本当気持ち良いですよ。冬は…、寒いです。でも雪はそれほど降りません。タイヤは流石に冬タイヤ必要ですが、あまり積もっている印象はありません。

駅から離れ、旧勝山村の勝山地区は西の方になるのですが、そこにこちらの神社があります。富士山の周りは本当に浅間神社が多いので、やはりフルネームで書く必要があります。行った人同士で話が違ったら、それは違う浅間神社に行った可能性があります。

富士山中にある神社としては最古の神社ということですが、私が行ったのは里宮の方です。なので富士山の中には入っていません。二合目に本宮があるそうです。時間が有れば行ってみたいですね。

この里宮ですが、鳥居から真っ直ぐに本殿への参道が伸びています。参道を歩いて行くと左に立派な赤い建物が見えます。何か良くわからないので後で見に行こうと思い先へ行きます。随神門をくぐり中へ。

不老と長寿の像です。説明書きが見当たらなかったので、詳細はわかりません。でもなんとなく可愛らしかったので一枚。そのあとちゃんと本殿にお参りしましたよ。そこはちゃんと。ちょうど扉が開いていて大きい鏡が見えました。

併設してある歴史資料館は予約制とのことで見られませんでした。残念。それと本殿に行ってはみたものの、先程の赤い建物の方が立派な気がして不思議な気分になりました。なのでお参り後に寄りました。

するとそこはかつて二合目にあった本宮の建物だそうです。スバルラインの開通で、登山道そのものが荒廃したので移築したそうです。今はだいたい富士登山も五合目から登りますから、時代の流れなんでしょう。

メインの観光地から離れているせいか、静かに観光することができました。富士吉田の浅間神社は結構混んでいるイメージでしたので。ただ茶店とかは無いので、バスで駅の方に戻りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。