太宰府天満宮 浮殿庭園の紅葉 福岡県太宰府市

コスモスの名所が落ち着いたら今度は紅葉、そして新年明けて梅、桜…と季節は移り変わって行きますが、今回お目当てにしていたお寺が改修工事と新型コロナ・ウイルスのダブルパンチで拝観中止となっていました。何処とかは言いませんがとても残念です。

その代わりと言っては何ですが結局太宰府天満宮になってしまいました。でも梅の木の紅葉は既に終わっていて葉っぱも皆んな落ちていました。まあこれから新年の花の季節に木も備えているんでしょう。又見に来たいですね。

そこでと言う訳では無いんですけど、今回は浮殿庭園の紅葉を見ました。と言うか浮殿庭園って一応境内ということなのですが、参道から本殿へのルートからは完全に外れているので比較的空いていますが、とても良いお庭なんですこれが。

元々庭園のとしては心字池、いきなり言ってもわからないですね。天神様に向かう所にある池です。太鼓橋を渡って行く所です。そのそばにあったそうなのですが、博物館を建てた時に新たに整備し直したそうです。

まあ今回は紅葉が主役なのでカエデの紅葉を撮ってみました。といってもやはり曇りだと冴えないですね。スミマセン。とってもキレイでした。梅の紅葉の頃は未だカエデは始まっていませんし、本当紅葉は難しいです。

結構お庭が新しく整備されているので新しい物と思いがちなのですが、浮殿という物に関しては鎌倉時代の書物にも出てくるようなので、歴史は古いみたいです。当然建て替えたりはしていると思いますが。

以前ご紹介致しました照の恵さんとかもこの辺りにありますし、案外穴場だと勝手に思っています。この日だって天神様はかなりの人でしたから。それと段々人が増えていますね。こちらに住み始めた頃は緊急事態でガラガラでしたから。でも良い事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。