喫茶mon

川越にカフェがどんどん増えているという話を以前書きました。店によって考え方も違いますし、店の売りも違います。新しいお店は自家焙煎を看板にしていることが多いです。こだわるとどうしてもそうなるんでしょうね。

こちらのカフェもそんな自家焙煎の豆の店になります。ブレンドの種類は50種類にも及ぶようですが、お店がかなり小さめなので、収納もかなりコンパクトに纏めてあります。こちらの立地は大正浪漫通りと旧川越街道を結ぶ路地にあります。観光客の動線にはなっていない所ですので、ひっそりと、という感じです。

こちらのお店、内装やら何やらにあまりお金をかけず、リーズナブルな値段でコーヒーを提供したいと言うことです。言葉通り非常に簡素な感じのお店ですが逆にそこが心地よい。変にオシャレになったりよりこっちの方が個人的には落ち着きます。

こちら、この日の本日のコーヒー、ホンジュラスセロアスールです。さっぱりして飲みやすく、美味しくいただきました。豆も買って帰りたいなと思ったのですが、生豆での在庫なので焙煎に30分掛かるとのことで断念しました。良く確認して飲んでいる間に炒って貰えば良かったです。

最初にこの店の前の通りは観光客の動線になっていないと書きましたが、コーヒーを飲んでいるうちに、結構人通りはあることに気付きました。もしかしたら数年後にはこの辺りにも店がどんどんできて…、なんてこともあるかも知れません。そのくらい川越の街は今、どんどん変わって来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。