ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック 図書館CD

前のマイケル・ジャクソンにはかないませんけど、このグループに関しても説明不要としたいところです。でも90年代以降大幅に失速してしまい、知っていらっしゃる方でも「ああ、久しぶりに名前を聞いた」という感じになると思います。私、車に乗るとよくラジオを聴くのですが、あまり特集もされませんし、曲そのものもあまり掛かることがありません。

1967年に結成、最初はブルースロックバンドでした。そこからメンバーチェンジを重ね、解散の危機も乗り越えて1975年にアルバム「ファンタスティック・マック」の大ヒット、そして1977年にはアルバム「噂」で、31週連続NO.1の桁外れの大ヒットを放ち、スーパー・グループの仲間入りとなります。

本タイトルは、その「ファンタスティック・マック」以降のベストという形になりますが、全盛期最後の「タンゴ・イン・ザ・ナイト」迄がメインです。当然ながらヒット曲がズラリ。でも全米1位を取ったシングルは「ドリームス」だけ、メガヒットアルバムはあるけどメガヒット曲がない、これがラジオなんかでは取り上げにくい要因かも知れません。

基本的には3人のヴォーカルがそれぞれ曲も書いて、グループに落とし込んだ物をアルバムにするという形ですが、ピアノのクリスティン・マクヴィ(女性)、ギターのリンジー・バッキンガム(男性)、ミステリアスなスティービー・ニックス(女性)という感じですが、クリスティンとリンジーは本職の楽器が違うと曲もこんなに変わって来るのね、というのが本当に良くわかります。

「ドリームス」「リアノン」という非常に魅惑的なナンバーはスティービー・ニックスの曲ですが、何とも不思議な世界に引き込まれるナンバーです。「ソングバード」はピアノの調べの美しいラブ・バラード、昔何度も聴きました。「マンディ・モーニング」は快活なポップ・チューン。リンジーとクリスティンの共作「ドント・ストップ」も軽快なギターが印象的。ビル・クリントンの選挙のテーマ曲にもなりました。

挙げていくと本当にキリがないのですがどうでもいい話を一つ。「リアノン」という曲は、最初邦題が「ライアノン」になっていました。曲を聴かないで単語の綴りだけで付けちゃったんでしょうね。今は変更されています。しかし昔はこんな風に適当だったなあと思うと、懐かしいやら何やらと。

ロック界は未だ男性優位の世界です。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロック・バンド」というランキング記事で、ベスト10には女性の影もありません。強いて言えば、ガンズ&ローゼス(9位)に今、女性のキーボーディストがいるのが唯一かしら。11位が本バンドで、そこから35位まで下がってハート、39位にアバ、全て女性のバンドなんてランキングに影も形もありません。

そんな中、スティービー・ニックスが、2019年にロックの殿堂入りを果たしました。バンドとしても1998年に殿堂入りしており、2度の殿堂入りは女性としては初めての快挙となりました。御歳71ですが、これからもまだまだ良作を聴かせて欲しいし、後に続く女性が出て来て欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。