リトル・ロマンス 図書館DVD

前回のDVDが「ロミオとジュリエット」で、何となく思い出して借りてみました。この映画、別に人が死ぬ訳ではありません。おとぎ話としてはとても素敵で、私が幼かった頃にはとても憧れていた映画です。

ローティーンのダニエルとローレンの恋愛映画ということでだいたいは語られますが、改めて見直すと観光映画でしたね。パリ、ヴェローナ、ヴェニス、そこを舞台に幼い2人の恋物語が綴られています。こんな出会いしてみたかったです。

スーラ風の、公開時こんなポスターなり何なりあったかなあ?と思いますが、公開時はこちらも幼く絵画にあまり興味が無かったので、見ていても目に入らなかった可能性はあります。でもこれだとローレンス・オリヴィエの映画ですよね。クレジットでは確かに主役ですが。

ダニエル役のテロニアス・ベルナールさんは、恐らくその後活躍がほとんどありません。ご存命とは思いますが、子役で終わってしまったんでしょうね。一応英語のwikiを当たりましたが、歯医者さんになっていると記載がありました。

まあ、wikiなので、本当かどうかは分かりません。とても可愛い男の子していましたね。でもダニエルって、「小さな恋のメロディ」の男の子もダニエルでしたが、何か可愛い男の子の名前として意味があるんですかね?

又、こちら13、4歳頃の本当に初々しいダイアン・レインのデビュー作として有名ですが、美少女っぷりが凄いです。ここから擦れて行っちゃうんですよね。あ、親目線になっているけど私より年上でした。今でも美しい俳優さんですよね。

若いスターさんのデビューと対になりますが、ローレンス・オリヴィエの老いの演技というのもあります。ローレンスと言えばシェークスピア劇のイメージがありますが、こんな役でもちゃんと演っていますね。あ、ロミオとジュリエット?ヴェローナが出てくるのはそれに掛けている訳ですけど。

若い頃観たはずなのですが、当時見えていなかったことも見えますね。ローレンの義理の父親がとっても良い人です。だいたい義理の親って悪く描かれることが多いですが、母親と娘の間でとても良い父親、夫の設定になっています。理解力と包容力がある役です。

それにしてもこのタイトルも40年前なんですよね。毎度同じ感想で申し訳ありません。いつもご覧になられている方には「又このリアクション?」と言われそうですが、こうやって歳を取ると同じ話ばかりするようになるのかな?とか勝手に思っています。

追記:昨日は3.11でした。10年ひと昔とは良く言ったもので、黙祷をする人も減りました。私もその時間は過ぎてしまいましたが、後でしっかり地震のこと、お亡くなりになられた方のことを考える時間を作りました。1/2は東北の血が入っていますので、いつまでも忘れないように生きていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。