マガジン リッキー・リー・ジョーンズ 自腹CD

遂に始まってしまいました。自腹CD/DVDのコーナーです。本来は隠居?の身、あまりお金を使わずに、電脳を駆使しないでというコンセプトを考えての企画でした。でもこんな状況ですので仕方ありません。くどくど言わず始めましょう。

こちらは私が最初に買ったCDではありませんが、人生で一番聴いた、若しくは手持ちのCDプレイヤーに一番載せたCDになります。又、最初に買ったCDを一度も売らず、そのまま持ち続けている数少ない物です。

リッキーのアルバムで一番売れたのがデビュー盤の「浪漫」次が2枚目の「パイレーツ」です。それらも結構な頻度で聴いてはいるし、それぞ相当に良いアルバムですが、マイ・ベストはこの「マガジン」になってしまっています。

それまでの彼女のアルバムとは異なり、というか後のアルバムでも無いのですが、「グラヴィティへのプーレリュード」というピアノ曲で始まっています。寂しい感じの曲ですが、その中に新たに湧いてくる希望とかの感情を表現しているのかな、とか思っています。

プロデューサーがワロンカー&タイトルマンからジェームズ・ニュートン・ハワードになり、硬質な研ぎ澄まされた音になっています。自身の内面をじっくり表現しているのだと思います。ジャケットもそのまま自分ですし。

ひとつひとつの楽曲はポップに仕上げていたり、ジャズ要素を取り入れていたりのいつもの彼女なのですが、全体的に静謐で音が本当に美しい。この後結婚し、次のアルバムが全体に暖かい印象なのと本当に対照的です。

中でも「グラヴィティ」の his lip, no, his back, no, his face, no の所の小気味良い掛け合いがとても好きです。掛け合いと言ってもどっちも彼女の声なんですけど。本当、最初から引き込まれてしまいます。

「マスト・ビー・ラヴ」は彼女のライブで良くやってます。出だし静かに始まりますが、Bメロではしっかり歌い上げます。彼女のライブを観た時に、スピーカー前の席だったのですが、地声がしっかり聴こえてきて、声は意外と大きいんだなと思ったことを思い出しました。

最初の「グラヴィティへの〜」と最後の「無署名のペインティング-ウィアード・ビースト」が同じトーンで繋がっており、トータル・アルバムと言うと大袈裟ですが、通して聴いても纏まりがあります。

一時部屋にこもってずっと聴いていました。人生で一番聴いたアルバムですので、まあそうなります。セールス的にはそれまでの様な数字を稼げませんでしたが、むしろそれ以降の数字に拘らない音楽家としてのリッキー・リー・ジョーンズが始まった作品でもあるのかなと思います。勿論数字も気にはしてると思いますけど。

因みにリッキーはデビュー前にトム・ウェイツと交際していたそうです。彼の「ブルー・ヴァレンタイン」の裏ジャケットの後姿の女性はリッキーです。トム・ウェイツは知名度はあるものの若い頃は売れず、逆にリッキーはデビューから売れて、だんだんセールスはトーン・ダウンして…。なかなか難しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。