マイ・フェア・レディ 図書館DVD

本タイトルですが、約3時間の大作になります。1枚のディスクに収まっていますが、確かDVDって2時間くらいの収録時間だったと思うのですが、何か特別な物なのかちょっと判りません。てっきり2枚組か先日の風と共に去りぬのような両面タイプかと勝手に思っていました。

それとこのタイトルも劇場で観ているのですが、休憩入った記憶がありません。完全に当時の記憶を忘れたのか、その時は通しで観せたのか、どうだったんでしょう。もう遠い昔のことですので。

オードリー映画はだいたいそうですが、ジェンダー・フリーな今の世の中ではちょっと古臭い発想の表現がいくつか出てきます。この映画もやっぱり男が威張っていますね。まあ「何よ男はだいたいねぇ」という反抗があり、言われっぱなしでは無いのですが。

それと音楽がやっぱり素晴らしく、大ヒットしたミュージカルの映画化なので当たり前ですよね。「いまに見てらっしゃい」「踊り明かそう」「君住む街で」「証拠を見せて」など、もう名曲のオンパレードです。個人的には「時間どおりに教会へ」がシーンも含めて大好きです。おとっつぁんが最高です。

女性解放ということではちょっとドキッとしたセリフ「昔(貧しい時)は花は売っても身体は売らなかった。今(社交界デビューした時)は身体を売るしかない(結婚するしかない)のか」というのはサラリと言ってますが、きついセリフです。

それにしてもオードリーはやはり美しく、場末の花売り娘で最初出て来ますが、やっぱり美しいです。でもこの映画の主役はレックス・ハリソンに尽きます。なのにこのジャケットは…。図書館も酷いです(笑)。

役者としての格の問題もありますので、ポスターとかの扱いはオードリーが第一になってしまいますけど、歌も演技もやはり素晴らしいです。又くどいですが、おとっつぁん、スタンリー・ホロウェイ、最高に笑えました。

舞台ではジュリー・アンドリュースが演じたイライザ役、映画も彼女だったらどんな仕上がりだったのか。結果的にはオードリーで当たったし、ジュリーは翌年「サウンド・オブ・ミュージック」で大当たりするので、まあそんな物だと思っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。