ベスト・コレクション イーグルス 図書館CD

音楽市場で一番売り上げが多いのはアメリカです。何を今更ですがアメリカのウォール・ストリート・ジャーナルの最も人気のあるロック・バンドでは、1位から5位迄がイギリス出身のバンド、6位がAC/DCでオーストラリア、7位にようやくこちら、イーグルスが入って来ます。

これは他のバンドに比べ、残したアルバムが全然少なく、逆に健闘しているという見方もできます。イーグルスの最初のベスト盤は、アメリカで最も売れたアルバムとなっています。2位はマイケル・ジャクソンの「スリラー」、3位はイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」となります。

リンダ・ロンシュタットのバック・バンドのメンバーが、カントリー・ロック・バンドとしてスタートします。紆余曲折を経てハードなサウンドを導入し、一躍スターダムに駆け上がります。そして解散。今回のタイトルは年代順なので、その過程がとても良く分かります。

世間的にはアルバム「ホテル・カリフォルニア」が評価が高く、タイトル曲と「ニュー・キッド・イン・タウン」の2曲がNo.1になっています。前者のイントロの12弦ギターや、後者のコーラス・ワークは本当に何度聴いても全く飽きません。

でも個人的にはその前のアルバム「呪われた夜」がとても好きです。カントリー調も僅かに残しつつ、次のステップに移行して行く過程を感じます。「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」とタイトル曲が山になっています。

1980年に解散、1994年に復活。金儲けの為とか色々言われましたが、2007年発表の28年振りのオリジナル・アルバムが全米No.1を獲得するなど、やはり一流の凄みを感じさせる物でした。因みにその時の2位が当時のスーパー・スター、ブリトニー・スピアーズですからね。

現在はと言うと、中心メンバーのグレン・フライが亡くなり、それでもバンドは続いています。もう一人の中心メンバー、ドン・ヘンリーの意地なんでしょう。ソロでグラミーも取ってますし、アルバムも必ずベスト10に送り込んでいますから、バンドにしがみつく必要は無いですから。

このタイトルを聴けば、だいたいの代表曲は網羅出来ますので、聴いたことがない方はぜひ。と言うかサビの一部くらいは聴いたことがある曲に出会うと思います。そこから好きになって頂けたらとても嬉しいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。