フレンズ〜ポールとミシェル〜 自腹DVD

先々週小さな恋のメロディを取り上げました。色褪せない名画として図書館にもDVDがあるくらいです。本タイトルは同じ年に公開された10代の恋の行方を描いた映画で、設定年齢は小学生と中学生と違いはありますが、こちらの映画は日本では忘れ去られつつあります。

世界的にはこちらの方が売れたし、監督は名匠ルイス・ギルバートだし、個人的には大好きな映画です。ティーンエイジャーの性描写があるので、日本だとちょっと嫌われるのかなあ。アニセー・アルヴィナさんお幾つだったのか、公開時は18歳でしたが。

小さな恋のメロディは、大人から小さな恋人たちが逃げて終わりますが、こちらは逃げてしまった後始末をどう付けるか、そこが話の中心になって行きます。これを観ると、ダニエルとメロディはあの後諦めて帰って来て別れるな、とか思ってしまいます。夢がないなあ。

最初の性行為という言い方はアレですが、そこまで、ミシェルはポールとベッドを離して寝ています。とっても良いシーンですが、ミシェルはギリギリ迄取っておいたのかな、とか思ってしまいました。そこまでにもミシェルのバストが見えるシーンはあるのですが、ここのシーンはとても素敵です。

又、結婚式や新生児の洗礼は、お金が無くてもやっぱりやらなけらればいけないんだな、とか思ってしまいました。ポールはお坊ちゃんだからちゃんとしたいんだろうし、ミシェルは女の子らしい憧れもあるのかな?

最後は別れが来るのですが、決定的なシーンは見せずに終わります。見せないことにより、この映画は続編が作り易くなったと思います。そちらはかなり現実的な話になります。本タイトルはちょっとおとぎ話っぽいですから。

この映画の音楽はエルトン・ジョンが担当しています。未だ「僕の歌は君の歌」だけ売れて、スーパースター前夜の頃です。タイトル曲はエルトンの中でも大好きな曲ですが、あまり世間的には評価されていませんね。

先々週、「小さな〜」を紹介したのは、こちらのタイトルを紹介したかったからです。同じ年の10代の少年少女の恋愛映画という事で、私の中ではセットになっています。前年の「ある愛の詩」も含め、お気に入りの恋愛映画たちです。「ある愛の詩」も取り上げましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。