ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語③ 図書館DVD

このシリーズ、大分間が空いてしまいました。オンエアの時には見ていなかったのですが、こちらは最後まで観終わることができました。というかオンエアで楽しみにしながら観ることができていたらなあと、今更思っています。

川越も古い街ですが、鎌倉はもっと古い街で個人的にも大好きです。このドラマの中でも名所旧跡がいっぱい出て来ます。それとやっぱり川越に無いものとして、海が見える風景があります。鎌倉は山の風景もありますし、素敵だなあと思いながらこのドラマを観ていました。

あと枯れたアジサイが出てきます。鎌倉と言えばアジサイですが、季節外れで咲いているものは出てきません。枯れたアジサイと咲き散るサクラが最後効果的に描かれています。江波杏子さん、亡くなってしまいました。なので初めて観た私にとって余計に印象的でした。

この③だけは2話しか入っておりません。この2話はハッピーエンドに向かって進んでいく感じです。多部ちゃんの表情は相変わらず素晴らしく引き込まれて観てしまいました。特にこの2話は主人公の鳩子と祖母の心模様を描いていきますので、彼女の実力を遺憾無く発揮していきます。

最終回まで観てちょっと違和感があったのが、鳩子と守景の関係です。何でかと言うと、この二人の恋愛って観ていてあんまり感じなかったのですが、この③になってその部分が大きくなっていた事です。

原作の続編では夫婦になっているようなので原作通りなのかもしれませんが、観ている分にはちょっと唐突に感じました。でも恋愛恋愛はしていないので、駄目とかまで言うつもりは無いのですが。

しかし、8話完結というのは2ヶ月だけのドラマだった訳です。このドラマ枠は他もそうなのですが、だいたい民放のドラマだと3ヶ月でワンクールなので、オンエアで観ていたらちょっと物足りなかったかもしれません。

この最後のDVDをもう少し早く借りたかったのですが、なかなか借りられず、ちょっと間があいてしまいました。皆さん、ちゃんと期限通り返していますか?後の人のことも考えましょうね。私も遅れることもあるので、あまり言えたものではないのですが。もっとも今は図書館も閉鎖していますので、返すことも出来ないんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。