チャーリー・チャップリン メモリアル・コレクション② 図書館DVD

チャップリンの初期の作品を集めたシリーズの第二集です。今回のは「醜女の深情け」「チャップリンの替玉」「リクリエーション」の3作品です。醜女って、今そんな言葉使ったら大問題になりそうですけど…。

「醜女の深情け」はコメディ映画としては世界初の長編映画となっています。バスター・キートンやハロルド・ロイドのドタバタ劇もだいたい短編ですものね。原題はティリーの穴の開いた(間抜けな)ロマンス、と言ったところでしょうか。出演者の見てくれで邦題付けたのがバレバレですね。主演はマリー・ドレスラー。当時の人気俳優さんですがこの時点で45歳です。当時としてはいい歳こいて色恋に、という感じだったのではと想像しています。もうひと方、メーベル・ノーマンド。この映画の時22歳ですが、キャリアのピークにあったそうです。その後スキャンダルに巻き込まれて人気を失い、失意のうちに37歳で結核で亡くなりました。映画自体は、チャップリンのペテン師、こんな人に騙されるかなあと思ってしまいますが、まだ映画も牧歌的な時代だったんでしょうね。

「替玉」はチャップリン映画の永遠のマドンナ、エドナ・パーヴィアンスが出ています。でも恋人役ではなく完全な脇役で、チャップリンと恋愛関係になることもありません。でもチャップリン映画と言えばこの人ですよね。何か安心感があります。この映画も楽しい映画です。エスカレーターの描写は今の感覚だと変ですが、そもそもエスカレーターが珍しい時代のエスカレーターのイメージなんでしょうね。

「リクリエーション」は何がリクリエーションなのか、私にはさっぱり解りませんでしたが、ドタバタ劇というだけだけで楽しめるので、それだけでも良いというかそれだけです。10分未満の映画にストーリーだの何だの言っても仕方ありません。

DVDは貴重な財産です。というテプラが貼られていますが、チャップリンの初期の映画の保存、というだけでも本当に貴重な物なのですよね。ここでは出来るだけ取り上げたいと思っています。皆さんもぜひご覧くださいね。借りて頂かないと、いずれは倉庫に入っちゃうので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。