グレイテスト・ヒッツ ウィルソン・フィリップス 図書館CD

私自身の一番好きなバンドを聞かれると、その時どきで若干変わったりします。でも一貫して好きで、ずっと聴き続けているのがビーチ・ボーイズなんです。ブライアンがダウンして、酷い出来のアルバムもいっぱいありますが、それも含めて大好きと言い切れます。

私にとってママス&パパスもビーチ・ボーイズ程の熱量はありませんが、良いグループだと思っています。それらの中心メンバーの娘たちで構成されたのがこちらのウィルソン・フィリップスです。たまたまフィリップスさんの苗字がSで終わるので、グループ名として違和感が無いのは偶然です。

カーニーとウェンディのウィルソン姉妹はビーチ・ボーイズのリーダー、ブライアン・ウィルソンの娘たちです。カーニーはちょっとぽっちゃり、と言いたい所ですが、140kgあった時期もあり、常にダイエットとの闘いをしている印象です。ウェンディは4児の母となってもお綺麗です。グループでは一番地味なんですけど。

チャイナ・フィリップスはママス&パパスのジョン&ミシェル・フィリップス夫妻の娘です。お母さんは違いますがマッケンジー・フィリップスは姉、ビジュー・フィリップスは妹です。マッケンジーはこのブログでも取り上げた「アメリカン・グラフィティ」に出ていました。

彼女たちのデビューはとにかくすごかったです。いきなり全米NO.1シングルを3曲も生み出し、アルバムも大ヒットします。今聴いても「ホールド・オン」「リリース・ミー」なんかのハーモニーはやっぱり素晴らしいし、声質も合っているんでしょうね。ソプラノ(カーニー)、ソプラニーノ(チャイナ)、アルト(ウェンディ)が揃っていますし。

正直、「ホテル・カリフォルニア」のカヴァーはあんまり良さがわかりませんでした。彼女たちのキャラクターと合っていない気がするのと、ハーモニーを魅せる曲でないのと両方ですかね。でも「ダニエル」のカヴァーは良いです。「ホテル〜」と「ホールド・オン」のライブは日本公演の録音です。

あと、このアルバムに3人の子どもの頃の写真なんでしょうか。裸の少女たち写真なんですけど。チャイルド・ポルノには該当しないんですかね。自分たちの物だから良いのかな?基準が分からないので何とも言えませんが。彼女たちは幼馴染なので、仲良しの写真はいっぱいあると思いますけど。

彼女たちは約3年であっけなく活動中止します。まあ、お金持ってますからね。個人的にはその後再結成してからのアルバム「カリフォルニア」、「デディケイテッド」の2枚がとっても好きです。カバーアルバムなのですが、人生を重ねた彼女たちのハーモニーも味わい深くなっています。本当優しいコーラスになっています。

子育てやら何やらで忙しいとは思いますが、又美しいハーモニーを新しい録音で聴きたいと思っています。親の力で売れたとか、もうそんなこと言われても関係ないでしょうしね。いつまでも待っています。こんなところで言っても仕方ないですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。