キエフ・バレエ くるみ割り人形 ウエスタ川越大ホール

知人に誘われ、年の終わりにバレエを観て来ました。せっかくなので、このブログの今年最後の記事はこれにしました。とは言っても全くの初心者で、子どもの発表会とか以外では初めての観劇でした。

なので専門的な解説等は期待しないで下さいね。バレエは初心者ですが、カラヤンのCDなんかは昔から聴いていたので、今回は音楽から何とか入り込んで行けた感じです。

「くるみ割り人形」はバレエを知らない方でも名前くらいは聞いたことがあるのではないかと思います。私もさすがに知っていました。主人公の少女は、クリスマスの夜にくるみ割り人形を兄に壊され(故意ではありません)クリスマス・ツリーの下に寝かせてあげ、夜に気になって見に行くと、夢の中で不思議な世界が訪れ…、という感じのストーリーです。でも見たいのはダンスなので、ストーリーは流れがだいたい解っていれば大丈夫でした。

いくつかの曲は単独でも有名な曲もあり、フィギュアスケートなんかでも良く取り上げられていますね。最近、フィギュアの方は声の入った曲もOKになったりして、頻度は減っている気がしますけど。作曲はチャイコフスキーなので、素晴らしいのは当たり前なんですけどね。白鳥の湖や眠れる森の美女なんかもチャイコフスキーですね。

キエフ・バレエは名前の通り、ウクライナのバレエ団です。旧ソ連はバレエの保護育成を積極的に行っており、その中でも名門中の名門とのことです。ダンサーの皆さん、素人の私から見たら美しいこと美しいこと。見とれ引き込まれ、あっという間の2時間でした。ちょっとうるさいオバサン集団が居て、そこはちょっとガッカリでしたが、演者には関係ないことなので。やっぱり良いものは良いという当たり前の感想に…。

ロビーに飾ってあったものですが、小さい女の子達がポーズを取りながら写真を撮っていました。将来のプリマドンナ、頑張ってレッスンしましょうね。本当、美しいですよね〜。何か私と同じ生き物とは…。才能と努力の賜物、解ってはいますけど溜息しか出てきません。

会場のウエスタ川越ですが、未だ新しいので音響も良く、気持ち良く観ることが出来ました。さいたま市とかのように集客するのは川越では難しいのでしょうが、それでもこの規模のホールが駅前にあるのは貴重です。クラシックのコンサートを一度観に行ったことがありますが、音は良かったです。東京からはちょっと遠いかもですが、良い演目も多々ありますので、興味のある公演が有ればぜひ足をお運びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。