オリンピックが終わり甲子園、パラリンピック…。経験を生かせる方法は?

オリンピックが終わりました。世間的にはお盆と夏休み、甲子園も始まりました。日常を取り戻すのは良いと思うのですが、埼玉も緊急事態宣言中です。そもそも緊急事態なろのか何なのか自分ではわからなくなっています。

先週所用で東京の新宿を訪れたのですが、結構な人出でした。山手線もこの騒動前よりは少ないですが、少しずつ戻って来ている感じがします。川越も相変わらず人は多いですね〜。大丈夫なのかな?

しかし何度も言っていますが、不要不急の外出という言葉にどうしても違和感があります。不急はともかく不要の外出って何でしょう?アウトドア派でない私にとっては用が無ければ外出しません。

不急にしてもそうですよね。もう2年もこの状態だと不急だった用事も急になってたりしますよね。専門家も政府もちゃんとした正解は分かっていないのでしょうけど、そろそろみんな限界なんだと思います。

そういった中でオリンピックが出来ました。それに食堂でクラスターという話を聞いていません。なので感染予防をしっかりした上で、いろんなことを解放して行った方が良いのではないかと思っているのですが…。

今回の件と関係があるのか解りませんが、最寄りの上福岡駅の方でも天七という老舗の天麩羅屋さんが無くなりました。他にも探せば色々あると思います。理美容院もかなり顔が近いと思いますが、どうなっているんでしょうね。

批判している訳では無いんです。今回もう既にオリンピックはやってしまったので、そこでクラスターが起きたところもありました。何か教訓はあったのではないかと思うんです。だからそれを生かしてくれれば良いと思うのですが、どうなんでしょう?

だって私たちの営みなんてオリンピックと比べたら本当に些細なこと、なのでオリンピックでここまでは大丈夫だったのだから、こういう対策をすればここまでは大丈夫、ということはあるんじゃないかと思うんですけど。

特にパラリンピックは私たちより免疫力が弱い方も参加するイベントだと思っています。色んなケースを考えて、より良い方法を見つけ出して私たちの生活にも還元していただきたいと本当に思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。