イジメられ経験の恐ろしさ。30数年前のことが夢に出るんです。

不定期的ではありますが、学生時代が続いているような夢を見ることがあります。一つは受験やテスト系の「勉強していない〜!」的なことで焦って目を覚ます感じ。もう一つはイジメが続いている恐怖。イジメっ子に街でバッタリ会うというパターンもあります。

もう30数年前、イジメに関しては40年が経とうとしているのに思い出す。本当もうトラウマなんでしょうね。何で50歳過ぎても夢に出て来るんだか。先日久しぶりに夢に出て、汗をいっぱいかいて目が覚めました。

小学校と中学校でそれぞれあったのですが、小学校の時は卒業でイジメっ子と別々の学校に別れたので終わり、中学校の時は私をイジメていた人が、不良グループの中である日袋叩きに会ってランク落ちし、本人がイジメを受ける側に回った為、こちらをイジメる余裕が無くなり自然消滅しました。

でもその不定期に現れる夢のおかげで、忘れていたイジメの詳細が再び浮かんで来るというのを繰り返しています。本当悪夢以外の何物でもありません。テスト系の夢は焦って焦って問題が解けず慌てて目が覚める、それだけなんですけどね。

ボクシングの内藤大助さんがイジメに会っていて、チャンピオンになった時の祝賀会にそのイジメっ子が来ていて「どうしよう〜。…あ、俺(やられないし)大丈夫だ」と気付いたという話をしていましたが、チャンピオンでもそうなんだから、私なんてねえ。イジメって本当罪深いと思います。

という経緯もあり以前も書きましたがBABYMETALの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を初めて聴いた時に泣いてしまったという訳です。どの立場の詞なのかわかりにくい所もありますが、彼女たちの身近な問題でもあるのか、とても胸にくるものがあったんですよね。

では実際どんなことをされたかについては、とてもとても書けません。書くと書いている間中その時の記憶とも闘わないといけなくなるからです。というか今この段階でも結構心拍数が上がっています。多分もう一生続くんでしょうねコレ。

逆にイジメた方はそんなことほとんど覚えていないらしいです。なのでイジメで死んではいけないというのは本当で、辛かったら逃げるが勝ち、だと思います。ただストックホルム症候群的な精神状態になり、逃げられなくなってしまうこともあるでしょう。

私の場合は上に書いていますが、積極的解決はしていません。幸運にも逃げ切れただけです。そういえば同窓会も悉く行ってないです。そう考えると今も逃げ続けてているのかもしれないですね。よくよく考えると恐ろしいことですけど、よくよく考えたくもないというのが正直なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。